ドラマ『DCU』第1話のあらすじと見どころ

Oh!My!ドラマ

阿部寛が主演を務める日曜劇場『DCU』(TBS系列)の第1話が1月16日に放送された。水中の捜査に特化した架空の組織を舞台とし、TBSと海外プロダクションが共同制作した完全オリジナルドラマ。いきなり回想シーンから始まった第1話、今後の展開から目が離せない。

あらすじ

島国の日本。河川や湖などで発生する事件の解決や、水際からのテロ防衛のため、海上保安庁に「潜水特殊捜査隊」、通称=「DCU」が新設される。水際捜査のエキスパート集団の隊長となったのは新名正義(阿部寛)。

海上保安庁のエリート・西野斗真(高橋光臣)、史上初の女性潜水士・成合隆子(中村アン)、若手隊員・瀬能陽生(横浜流星)らがDCUのメンバーとして集められた。

DCUの初の捜査となったのは、群馬県のダム湖。数日前に発生した台風の影響でダムの水流が変わり、ある人物の頭蓋骨の一部が発見される。新名らは水深100メートルのダムの水底を潜水捜査することに。

見どころ

「手錠を持ったダイバー」

潜水特殊部隊なだけに、水中のシーンが多い本作。潜水士を演じるキャスト陣は、ダイビングのライセンスを取得するところからのスタートだったという。映像のスケールの大きさや、過酷な現場に立ち向かっていく緊張感のあるシーンも見どころ。

過去に海難事故から新名に救助してもらったことで、潜水士になった瀬能。事故のショックから記憶が飛んでおり、新名を慕っているが…。捜査をきっかけに記憶の一部を思い出してしまう。

第1話の回想シーンが今後の展開にどう影響してくるのか、新名の周りの人間模様にも注目したい。

 

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ