マツコ、自宅でのカレー作りで村上から「説明書読め」【月曜から夜ふかし】

1月17日『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系列)が放送され、番組終盤、マツコが自家でやってみたいことを相談する一幕があった。

マツコはカレーを作りたい

マツコが「今ほら私あの、IHの使い方がわからないから家で自炊ができないじゃん?」と切り出すと村上は「はい」と反応。続けてマツコが唐突に「カレーが作りたい」と話すとスタジオは笑いに包まれる。

「なんかさ出前のカレーとかって、ちょっとやっぱ本格的じゃん?」と続け、村上も「まあね」と相づちをうつ。さらに「家のカレーが食べたい」と続ける。そして「そうなってくるとやっぱりスゴい量を作るのよね。」「どうやったら作る量減らせるの?」と悩みを打ち明ける。

それに対して村上は「大の鍋で作るから保存も大変になる」「小の鍋で2つ作ればいい」と解決策を提案。するとマツコは「小さく作りたいとは言ってないよ。どうやったら小さくできるかって言ってるの」と突っ込む。これにはスタジオも爆笑。

村上は「普段使ってるのはどのくらいのなの?」と尋ねると「普段使ってるのはこのくらいのやつ」と小さい段ボール箱程度の大きさをジェスチャーして表現。続けて村上から「鍋は何個持ってるの?」と聞かれ「IH対応のはないわよ」と答え笑いを誘う。

「ほなもうこれは無茶苦茶簡単や、IH用の大きな鍋を買わずに小さい鍋だけを買えばいい」と村上がハッキリと答えると、「IH対応の鍋があってもIHの本体の使い方がわからない」と突っぱねる。するとすかさず村上が「説明書読め!」と鋭く突っ込み周囲を爆笑に包んだ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ