【便利家電ランキング】料理にあると便利な家電の圧倒的1位は「オーブンレンジ」

めるも編集部

株式会社レビュー(https://jafmate.co.jp/)が運営する暮らしに役立つ情報メディア『さぶろぐ』は、日本全国の20歳以上の方を対象に「料理にあると便利な家電」についてのアンケート調査を実施。
その結果、1位は「オーブンレンジ」でした。その他の結果とともにご紹介します。

「さぶろぐ」:https://sublogg.com/

「料理にあると便利な家電」アンケート結果

■調査概要
以下のとおり、
対象:20代以降の男女
調査日:2022年1月
方法:インターネットによる任意回答
人数:150人(女性101人男性49人)
調査レポート:https://sublogg.com/report/

■サマリー
「料理にあると便利な家電」のアンケート結果、1位「オーブンレンジ」、2位「電気圧力鍋」、3位「炊飯器」という結果になりました。

■ランキング内容
◇1位:オーブンレンジ
オーブンレンジを選んだ人の理由は解凍や温め機能の便利さだけでなく、レンジのみで様々な料理を作れるため重宝していることでした。

・代表的なコメント:
「解凍、温め、調理と1台でいろいろなことが出来るので、我が家には欠かせない調理器です。ご飯が炊けたり、煮物を作ったり、オーブン機能で魚や肉を焼くこともできます」(女性40代)

「レンジだけで料理できるレシピがたくさんあり、洗い物も少なくすむしレンジで加熱している間は手が離せて他のことも出来るから」(女性30代)

「オーブンレンジがあれば、作り置きが沢山できたり、すぐに食べないものも食べたい時に温かいものが食べられて本当に便利です」(女性40代)

◇2位:電気圧力鍋
電気圧力鍋は、具材と調味料を入れて放置するだけで時短かつおいしい料理が作れることから、家事や育児に仕事と忙しい家庭に支持されたようです。

・代表的なコメント:
「簡単に料理が作れて、材料を入れてそのまま待つだけで本格的な料理が作れるので時間の有効活用が出来て良いです」(男性30代)

「食材と調味料をセットしたら、他のことをしていても手の込んだシチューや角煮などの煮込み料理やメインの料理ができあがるので、時短なのに手抜きに思われないところ」(女性40代)

「家事、育児、仕事と忙しい中の晩御飯作りにめちゃめちゃ重宝しています!時短はもちろん、味の染み方も抜群なのでほぼ毎日使って料理しています」(女性30代)

◇3位:炊飯器:
炊飯器は、日本人には欠かせないお米を炊く家電であること、加えて煮込み料理や発酵・蒸しなども簡単にできて料理のハードルを下げてくれるという意見が見られました。

・代表的なコメント:
「煮込む・発酵・蒸す・保温ができるから。グリルやベイクドを必要としないなら、炊飯器で充分です」(女性40代)

「白米が大好きだから。日本人たるもの主食がお米だと思っているし、基本的にお米に対してのその他のおかずがあるものだと思うから欠かせない」(女性20代)

「ガスコンロを使って作るよりも、炊飯器に具材や調味料を入れて調理する方が火加減を見なくていいし、ボタン一つ押すだけで後はほとんど放ったらかしで大丈夫なので、料理のハードルが下がるから」(女性20代)

以下4位:食器洗浄機、5位:ハンドブレンダ―、6位:ホットプレート、7位:オーブントースター、8位:ホームベーカリーとなりました。
なお、各家電の詳細については『調査レポート(https://sublogg.com/report/)』からご確認ください。

■まとめ
150人にアンケートした結果、全体の31.3%が「オーブンレンジ」と回答。1台で様々なことができるという意見やレンジだけでできる料理で時短が叶うといった意見が多く、できる限り手間暇をかけずにおいしく料理を作りたいといった、現代の忙しい家庭ならではの傾向が見てとれました。

引用元:「さぶろぐ」(https://sublogg.com

株式会社レビ​ューのご紹介

株式会社レビ​ューは、暮らしに役立つ情報サイト「さぶろぐ( https://sublogg.com/ )」を運営。
また、YouTubeチャンネルの運用やオウンドメディアの運営代行、パーソナルジムの運営なども行っております。

■会社概要
社名:株式会社レビュー
所在地:愛知県名古屋市中区栄5丁目26番地39号GS栄ビル3F
代表者:代表取締役 戸田悟
設立:2022年1月5日
資本金 :100万円
事業内容 :WEBメディアの運営
URL :https://jafmate.co.jp/

企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000093294.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ