レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの再結成ツアー開始延期、【ボストン・コーリング】出演キャンセル

Billboard JAPAN



レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが、ヘッドライナーを務める予定だった今年の【ボストン・コーリング】のラインアップから外れたことが明らかになった。現地時間2022年1月20日の主催者の発表によると、バンドは5月27日~29日のメモリアル・デーの連休に開催されるフェスへは出演しないそうだ。

米ボストンのハーバード・アスレチック・コンプレックスで開催される【ボストン・コーリング】のフル・ラインアップは現地時間1月21日に発表される。現在ヘッドライナーとして出演が明らかになっているのはフーファイターズのみで、他にはハイム、ラン・ザ・ジュエルズ、ブラック・ピューマズ、アースギャング、KennyHoopla、スーダン・アーカイヴス、Celisseが出演予定となっている。

新型コロナウイルスの影響で、多くの音楽フェス同様に【ボストン・コーリング】も2020年と2021年は実施されなかった。最後に開催されたのは2019年で、トゥエンティ・ワン・パイロッツ、グレタ・ヴァン・フリート、テーム・インパラ、オデッザ、トラヴィス・スコット、ロジックが出演した。

同じく新型コロナウイルスのパンデミックによって延期となっていたレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの再結成アリーナ・ツアーは、オミクロン株の感染拡大によって再び延期されることが今回発表された。バンドによると、今年3月31日から行われる予定だったツアーは、7月9日に開始が延期された。

バンドの声明には「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンが、ラン・ザ・ジュエルズと行う【Public Service Announcement Tour】の北米日程は、2022年7月9日に米ウィスコンシン州イースト・トロイから開始することになりました」と綴られており、3月31日から5月23日まで予定されていたそれ以前のヘッドライン公演は延期または振替となり、保有しているチケットは新しい日程でも有効になる。

元々ツアーは、8月8日、9日、11日、12日、14日に米NYのマディソン・スクエア・ガーデンで行われる連続公演で幕を閉じる予定だった。バンドは振替公演の日程を“近々”発表するとしている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ