【1月21日】今日は何の日?「春の花」の代名詞「スイートピーの日」

TABIZINE

1月1日は元日、5月5日はこどもの日、7月の第3月曜日は海の日などの、国民の祝日と定められている日以外にも、1年365日(うるう年は366日)、毎日何かしらの記念日なんです。日本記念日協会には、2021年2月時点で約2,200件の記念日が登録されており、年間約150件以上のペースで増加しているそう。そこで当シリーズでは、旅や地域、グルメに関するテーマを中心に、注目したい記念日を毎日ピックアップしてお届けします。

(C) Shutterstock.com
スイートピーの日
全国の花の生産者や生花店、園芸店などで構成する「日本スイートピーの会」が制定。女性に好まれる「春の花」の代名詞のスイートピーをより多くの人に楽しんでもらうことを目的とした日です。

日付はこの時期が年間を通して一番香りが豊かできれいに輝くことと、花弁が左右対称で3種類の花びら(旗弁、翼弁、舟弁)からなり、それぞれ1枚、2枚、1枚あることから121の1月21日とされました。

※画像はイメージです (C) Shutterstock.com
ユニベアシティの日
ディズニーストアのオリジナルキャラクター「UniBEARsity(ユニベアシティ)」が2011年1月21日に発売されたことから、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社が制定しました。

「UniBEARsity(ユニベアシティ)」とは「university」(学校)と「BEAR」(クマ)を合わせた造語で、ミッキーマウスたちが学校の宿題でクマのぬいぐるみを作ったというストーリーから誕生したキャラクターです。

(C)Disney ※画像はイメージです PR TIMES

協力:日本記念日協会

当記事はTABIZINEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ