【和田琢磨&大平峻也】舞台『サザエさん』で10年後のカツオ&タラちゃんに!「会いたいと思える家族みたいな関係」

ウレぴあ総研

国民的人気作の『サザエさん』が2022年1月、再び舞台化される。19年の初演では、藤原紀香がサザエさん役を演じ、磯野家の10年後を描いた作品として話題を呼んだ。今回は一部のキャストを変更して、舞台版第2弾として上演する。

今回が初参加となる磯野カツオ役(東京公演)の和田琢磨、初演に引き続きフグ田タラオ役を演じる大平峻也のふたりに、舞台『サザエさん』の魅力や意気込み、互いの印象などを語ってもらった。

■自分ひとりよりも、磯野家のメンバー全員で役を作っていくイメージ

ーー出演が決まったときの感想をお願いします!

和田 知らない人がいないぐらいの知名度がある『サザエさん』の作品に携わることができて、しかもカツオ君の役ということで、とても光栄でしたし、嬉しさも感じました。

と同時に、皆さんが想像しやすい作品ですので、どうしたらそのイメージを壊さずに、舞台ならではの楽しさをお見せできるのか。どうやったら受け入れてもらえるか。そういう方向に頭が行きましたね。プレッシャーがあります。

大平 僕は前回からの続投です。自分が出るということよりも、(カツオ役だった)荒牧(慶彦)さんがいないやん!(笑)

和田 俺だっていいじゃない(笑)。

大平 前回、藤原紀香さんや松平健さんなど、今まで関わらせていただいたことがなかった方々の中に、2.5次元俳優としてふたりが入ったので、一蓮托生だと思って、「一緒に挨拶回りとかしようね」という話をしていたんですよ。本当に兄弟のように過ごさせていただいたので......。裏切ったなと(笑)。

今度はカツオ兄ちゃんがたっくん(※和田の愛称)。僕が初めて舞台に立たせていただいた作品が、ミュージカル『テニスの王子様』だったんですけど、(和田は)その時の部長だったので、それこそお兄ちゃんみたいな存在。たっくんがカツオ兄ちゃんを演じるということは腑に落ちましたね。

和田 ......どっちがいいの?(笑)

大平 それはこれから次第ですよ(笑)!

ーーカツオとタラちゃんという国民的キャラクターの10年後を描きますが、役をどう捉えていますか?

大平 前回、演出の田村(孝裕)さんが「タラちゃんが一番成長の幅が大きい」と仰ったんです。確かに3歳だった子が中学生になるって、成長の幅が大きいじゃないですか。

だから前回、脚本をいただくまでは「タラちゃんがぐれちゃってるんじゃないか」とか想像していたんですけど(笑)、脚本を読むと、すごく真面目でいい子に育っていました。

愛のある家庭ですから、愛を受け継いだまま育った子なんだなと思いましたね。多分今回もぐれることなく、しっかり真面目に育っていると思います。

和田 前回の作品を映像で拝見しまして、登場人物一人ひとりが一人で成り立っているというより、磯野家全体でその一人のキャラクターを作っている感じがすごく伝わってきました。

一番印象的だったのが、「タラちゃんには敵わないよ」というセリフ。峻也くん演じるタラちゃんが中心のような瞬間も見えるし、さっぱりサザエさんが中心のような瞬間も見えるし、カツオくんが中心のような瞬間も見える。

そうやって支え合っているのが磯野家だと思うので、自分でどう役をつくるかというよりかは、周りの方との一緒に作っていくようなイメージではありますね。それに自分もうまく混ざれたらいいなと思っています。

■明治座は「舞台に立つ試練を与えてくれる劇場」(和田)「客層もバラバラで不思議な感覚」(大平)

ーー初演の稽古場はどんな雰囲気だったのですか?

大平 すごく雰囲気はよかったですね。藤原紀香さんに初めてお会いするときはすごく緊張していました。でも、最初にご挨拶させていただいたときに「サザエでございます!タラちゃん、よろしくお願いします」と言ってくださって。稽古自体も空気をよく保ってくださったんです。居心地がよかったですね。

和田 僕はまだどなたともお会いしていないんですけど、一度作品ができたから途中参加することって、なかなか勇気がいるんです。だから、そこは峻也くんにおんぶに抱っこで、ずっと後ろについていこうと思います。

ーー何か稽古場で楽しみにしていることありますか?

和田 普段先輩とご一緒できることがないので、それがすごく楽しみですね。あわよくば松平健さんと殺陣を一緒に......(笑)。

大平 そういうシーンはないけどね(笑)。できたら幸せですよね。

和田 レジェンドだからね。

ーー会場となる明治座にどんな印象がありますか?

和田 サザエさんで3回目になるんですけど、1回目は花道を走るシーンで、あと3メートルぐらいでハケ切れるというときに、転んだんですよ。

2回目は座長として立たせていただいて、本番中に盆(※舞台機構のひとつで回転する装置のこと)が途中で動かなくなっちゃって。芝居はそのまま続けたんですけどね。

いつも明治座さんは、私にとって舞台に立つ試練を与えてくれる劇場でございまして、3度目の正直じゃないですけど、今回は無事に務めることができましたら......。

大平 ねぇ、怖いんだけど!(笑)

和田 何が起きても、僕は大丈夫です(笑)。

大平 なるべくシーンがかぶらないようにしてほしい(笑)。僕は『サザエさん』の公演でしか明治座の舞台に立ったことはないんですけど、休憩中にご飯をお客さんが食べれられるんですよね。

客層もバラバラで、アイドルファンの男の人だったり、2.5次元ファンの女の子だったりして、不思議な感覚でした。今度は、明治座のお弁当をお客さんとして食べみたいです(笑)。

■『テニスの王子様』共演を経て築いた家族のような関係

ーー『サザエさん』は誰もが知っている作品ですが、改めてどういうところが魅力だと思いますか?

和田 その瞬間ごとで誰かを中心に回っている。必ずしも波平さんがずっと主軸でかき乱しているわけでもないし、時にカツオ君がかき乱したり、タラちゃんがうまくいかないことがあって、それをみんなで励ましたり。一人ひとりが目立つ瞬間がすごくリアルなので、自分の日常生活で重ねられる瞬間が多いんじゃないですかね。

大平 大きな事件が起きないところがすごく魅力的だなと思っています。アニメの『サザエさん』で印象に残っているエピソードがありますかというと、多分そんなに思い浮かぶ人はいないと思うんですよ。でも『サザエさん』って温かい家族の物語だよねって思われる。

さっきたっくんも言いましたけど、タラちゃんに何かあった時に家族一丸となって考えるみたいな温かさを感じます。自分たちの家族と重なるところがあって、そういうところでも共感性が高くて、長きにわたって愛されるんじゃないかなと思います。

ーーお互いの印象を伺いたいです。

和田 年1回は『テニスの王子様』の青学のチームで集まるようにしていて。「サンキュー会」と言って、3月9日近辺に日頃の感謝を......というと真面目な軍団に思われるんですけど(笑)、集まる理由づけをして集まっているんです。

かれこれ10年ぐらい経ちますけど、その場に行ってみんなと会うと、不思議と当時の雰囲気に戻りますね。それこそ『サザエさん』の家族じゃないですけど、一人ひとり役割があって。

よくみんなで喋っているのは、別に俳優をやめても、例えばタクシーの運転手になっていようが、沖縄でサトウキビを作っていようが、こうやって集まれる関係性でいるのが理想だねと話しているぐらい。別に仕事がどうとか、気にしていないです(笑)。......でも、(大平さんは)活躍しているよね。

大平 僕は追いつかなきゃと思っています。たっくんは何しているかなとか、他のテニミュのメンバーが何しているかなと、仕事に関しては意識をしていました。それは今も。

たっくんと言えば、僕が『テニスの王子様』に出演させていただいた時、彼らはレギュラー陣で、僕はレギュラーではなく、一年生でみんなを応援する立場の役だったんですね。同じ学校だけど楽屋が別々になってしまって、疎外感を感じたことがあったんです。

それを相談したら、たっくんが真っ先に制作さんに意見を言ってくれて。「彼らも青学という学校の同じメンバーだから、一緒の楽屋でやらせてほしい」みたいな。それが僕にはすごく刺さった。部長がたっくんだったからこそ、今になってもお互い会いたいなと思える家族みたいな関係になれたんじゃないかなと思っています。

ーーいい話......!

和田 自分もずっと目立つ役ばかりじゃなかったから、悔しさももちろん知っているし、主役の人が一番偉いかと言ったらそうじゃないと思っていた。(『テニスの王子様』は)学生の群像物だから、部活みたいに仲良くなれたらいいなと思っていたんですよ。

彼らは当時現役の中高生だったけど、僕はその青春期は終えていたので、こういう部活動だったらいいな、そういう雰囲気だったらいいなというので提案させてもらっただけです。

ーー最後に一言、お願いします!

大平 前回とは一部キャスト変更しましたが、だからといって家族が崩れることなく、また少し形が変わったサザエさん一家として、楽しんでもらえると思います。(藤原)紀香さんを筆頭に、そういう座組みになっていくと思います。

老若男女、色々な方が見てくださると思いますが、この作品を観た後は、「家族に会いたいな」とか「実家に久々帰ってみようかな」とか感じてもらえるはず。心温まる作品になると思うので、楽しみにしていただきたいです。ぜひお越しください!

和田 『サザエさん』の世界観の素晴らしさはみなさん知っていらっしゃると思うので、それプラス舞台ならではの、その場その場で生まれるエネルギーみたいなものを感じとっていただきたいです。

僕自身は素晴らしい先輩方とご一緒できるので、胸を借りるつもりで稽古から頑張っていきたいと思います。カツオという役は磯野家の中でもムードメーカーで、その場を動かす役割だと思っているので、磯野家を引っ張れるように頑張っていきたいと思います!

■公演情報

舞台『サザエさん』

<東京公演>

2022年1月29日(土)~2月13日(日)

明治座

<大阪公演>

2022年2月22日(火)~2月27日(日)

新歌舞伎上

<福岡公演>

2022年3月3日(木)~3月6日(日)

博多座

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ