映画『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 後章 –STASHA-』キャスト&スタッフ登壇完成披露舞台挨拶イベントオフィシャルレポート

SPICE


2022年2月4日上映開始の映画『宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち 後章 –STASHA-』。本作の完成披露舞台挨拶が開催され、キャストやスタッフが登壇した。本挨拶のオフィシャルレポートが到着したので引用する。

まずは、登壇者の挨拶からスタート。小野は「『宇宙戦艦ヤマト2199』で最初に古代進を演じてから約10年、旅を続け、新しい仲間も増えました。一緒に艦を進めてくれたキャスト、スタッフの方々と共に舞台に立てて光栄です。これまでのファンの方、新しいファンの方もこの喜びを分かち合いましょう。」、畠中は「本作の上映を、僕自身とても待ち望んでいました。皆さんの心に何が残るのか楽しみです。熱量のある作品になっていますのでぜひお楽しみください。」、森永は「収録から上映まで長かったですが、やっとお届けすることができて嬉しいです。皆さんの期待を越えるものになっていると思います。」と本作が完成した感慨を語った。

安田も無事に完成したことに安堵しつつ、ファンの期待を裏切らない仕上がりになったと語り、福井も「新作が上映されるときはいつもドキドキしますが、今は早く皆さんの感想が聞きたいです。」と上映を楽しみにする様子を見せた。

次に、『2205』から宇宙戦艦ヤマトの艦長となった古代に焦点を当てトークを展開した。古代を演じる小野が、「2205』の古代は艦長はこうあるべきだとどっしり構え、覚悟が決まっていたように見えました。多くを語らない姿勢が、男らしくて好きでしたね。」と振り返ると、福井から「周囲からの評価は良くなかったですね(笑)」とツッコミ。畠中も「古代はかっこよかったが、確かに何を考えているか分からないところも多かったですね。」と笑いつつも、古代が胸に秘めた思いを吐露する姿には共感を覚えたという。また小野は、新人クルーを演じた畠中と森永に対し、「戦闘中の緊張感がしっかりと表現されていて、収録は別々でしたが、同じ戦艦や戦闘機に乗って一緒に戦えたと感じました。」と役者の目線から語った。

続いて、出演者から本作の見どころを紹介。畠中は「古代とデスラーのドラマが濃密でした。」、森永は「物語が進むにつれ、キャラクターにそれぞれの成長があり、新たな魅力を発見できると思います。」、小野は「スターシャにまつわるシーンは“次の世代に繋げよう”と思えました。」と各々の印象を語った。安田は「『ヤマト』シリーズは人間ドラマが魅力だと思い、丁寧に描くようにしました。特に人間としてのデスラーにはこだわりました。」と説明した。

最後に各々のコメントでイベントを締めくくった。

●畠中祐
畠中祐
畠中祐

土門の父親が最期に見せた笑顔の真相は、とても胸に刺さるもので、皆さんにも何か感じてもらえるものになると思います。ぜひ注目してほしいです。

●森永千才
森永千才
森永千才

目の離せない展開の連続に圧倒されると思います。『ヤマト』シリーズに新人として参加することにプレッシャーを感じていましたが、温かく迎えて貰えてよかったです。

●小野大輔
小野大輔
小野大輔

本作がひとつの終わり、10年の集大成のように思え、感無量です。しかし、これからヤマトは未来へ飛び立つんだなという、希望に満ちた新たな始まりでもあると思います。

●安田賢司
安田賢司
安田賢司

後章は、冒頭から怒涛の展開と泣けるラストが待っています。私は自画自賛することは多くありませんが、本作は本当に良い作品になったと思います。

●福井晴敏
福井晴敏
福井晴敏

ヤマトは人に希望を与える艦でなければならないと思っています。悲しいことも起こる本作ですが、最後には人間っていいなと思えるものになっています。

間も無く公開となる本作、待ち遠しい。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ