「やくめる」ではありません。「約める」の読み方、知っていますか?

OTONA SALONE



本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「約める」です。

「約める」の読み方は?




「約束(やくそく)」「節約(せつやく)」などでお馴染みの「約」ですが、「約める」を「やくめる」と読んでしまうのは残念ながら間違いです。

正解は……




「つづめる」です。

「約める」とは

1 短くする。ちぢめる。
2 簡単にまとめる。要約する。
3 倹約する。節約する。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

「約」には常用漢字表外ではありますがさまざまな訓読みがあります。中でも、読めそうで読めない漢字として時々目にするのが「約やか」「約しい」です。なんと読むかわかりますか?

なお「約やか」は

① ちぢまって狭く小さいさま。
② 簡略であるさま。また、簡潔で要を得ているさま。
③ むだやぜいたくをはぶくさま。倹約するさま。質素。
④ 態度・気持などがひかえめでつつしみ深いさま。つつましやか。
⑤ こまごまとしているさま。

出典元:精選版 日本国語大辞典

「約しい」は

質素なさま。倹約しているようす。

出典元:※

を意味します。

「約」の漢字には

①とりきめ。
②ちかう。ちぎる。
③ちぢめる。短くまとめる。
④ひかえめにする。
⑤おおよそ。ほぼ。
⑥整数でわりきる。

出典元:約|漢字一字|漢字ペディア

の意味があります。冒頭で紹介した「約束」は①の意味が、「節約」には④の意味があります。本記事で出題した「約める」や「約やか」は③や④の意味合いが、「約しい」は④の意味がありますね。

そんな「約やか」と「約しい」の読みは「つづまやか」「つましい」です。「約」の訓読みにはもう一つ「ちか(う)」もあります。いずれも常用漢字表外の読みなので、日常生活で見かける機会は少ないと思いますが、本記事をきっかけに「約」のさまざまな読みを思い出していただけると幸いです。

※つま−しい|言葉|漢字ペディア

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ