海外のググレカス、あまりに辛辣すぎる… 「ググれない国」では破壊力マシマシに

しらべぇ


ネット上には様々なスラングが存在し、人に尋ねる前に自身で調べることを忠告する「ググレカス」(ggrks)などはその筆頭。

今や死語になりつつあるググレカスだが、現在ツイッター上では「世界のググレカス表現」が話題となっていることをご存知だろうか。

【話題のツイート】英語表現なのに日本らしい響きを感じる…!

■英語では「カス」とは言わず…


こちらが注目を集める切っ掛けとなったのは、英語教育関連のサービスを展開する『こあらの学校』の校長・こあたんさんが投稿した一件のツイート。

日本では「(人に聞く前に自分で)ググれ」と相手に忠告した後に罵声を浴びせる「ググレカス」だが、英語ではこちらを「Google is your friend」と表現するようだ。

こあたんさんは同フレーズに対し、「はじめて聞いたときはオシャレな響きだなぁと思ったけど、よくよく考えたら京言葉的な皮肉っぽさが混じってて最高に好き」と、思いをつづっている。

関連記事:渋谷すばる、哲学的な謎ツイートに困惑拡がる 新しいプロフ画像とも関係?

■京都版「ググレカス」が流行する事態に


「Google is your friend」は直訳すると「グーグルはあなたの友達です」となるため、「グーグル検索は友達! 怖くないよ!」という熱いメッセージにもとれるのだが、こあたんさんのツイートを見た後で同じフレーズを読むと「あてに聞く前に、あんさんの物知りなお友達にでもご相談しとくれやす」的なニュアンスに聞こえてくるから不思議である。



こあたんさんの同ツイートは投稿からわずか数日で2万件以上ものRTを記録しており、他のユーザーからは「グーグルはんと仲ぁ良いやないですか。お聞きになったらいかがどす?」「今日はお友達のグーグルはんと仲違いでもしはったんどすか?」など、絶妙に胡散臭いリプライが多数寄せられる事態に。半ば「京ことば版ググレカス」の大喜利のような状態となっている。

果たしてこあたんさんは、どのような経緯でこちらのツイートを投稿したのだろうか。また「そもそもGoogleが使用できない国」には「ググレカス」に相当する言葉は存在するのだろうか…。

気になった記者が各所の専門家に詳しい話を尋ねたところ、なんとも衝撃的な事実が明らかになったのだった。

■英語圏で「ググれ」と伝える際は…




「以前、オーストラリア人の同僚が仕事中にこのフレーズを使っているのを聞いて、面白い表現だと思ってメモしていました。当時はあまりに多忙で気が付かなかったのですが、久しぶりに当時のメモを読み直したら皮肉が混じっていることに気付き、面白いと思いツイートしました」と、ツイート投稿の経緯について振り返ってくれたこあたんさん。

こちらの表現について、神奈川県の某英会話教室の代表を務める日米ハーフの男性に詳しい話を聞くと、オーストラリアに限らず英語圏の国では度々使用される表現だという。しかし、どちらかというと「Google it」(ググれ)という表現の方が一般的であるようだ。

続いては、グーグルがサービス撤退してしまった中国の「ググレカス」に当たる言葉をチェックしてみよう。

■「ググる」が成立しない中国では…


グーグルが中国市場に参入したのは2006年のことだが、2010年には撤退しており、現在の中国では「グーグルを使って検索を行なう」という行為がそもそも不可能になっている。

そこで韓国語と中国語、両言語のスラングに精通した男性に「中国版ググレカス」について尋ねてみたところ、「火星帳」という謎のフレーズが返ってきたではないか。曰く、こちらは「地球の皆は知っているが、お前は火星人だから分からないんだ。黙っていろ」という、かなり辛辣な表現であるという。

なお、柔らかめのニュアンスで伝える際は「自己百度」という表現が適切だそうで、こちらに登場する『百度』(バイドゥ)は中国最大の検索エンジンであり、「自分で百度を使って調べてきてね」という意味になるのだ。

各国の「ググレカス」に注目してみると、その国の風土や国民性などが透けて見えてくるのかもしれない。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ