飛び込み界のレジェンド・寺内健の多すぎる“アウト”なルーティン

テレビドガッチ

飛び込み界のレジェンド・寺内健が1月20日に放送される『アウト×デラックス』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)にゲスト出演。30個以上あるというこだわりのルーティンについて語る。

同番組は、独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之(ナインティナイン)、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ)とアウトなトークを展開するトークバラエティ。この日はアウト軍団として、アレン、小原ブラス、戦慄かなの、塚田僚一(A.B.C-Z)、遠野なぎこ、ミラクルひかる、矢部美穂、横川尚隆が出演する。

昨年の東京オリンピックで、日本人最多タイとなる夏季オリンピック6大会連続出場を成し遂げた男子飛び込みの寺内は、「とうとう健が来た」とマツコから歓迎ムードで迎えられる。長年飛び込み界をけん引してきた彼だが、実は競技中に行うものから日常生活にわたるまで30個以上のルーティンを持っていることを明かし、一つひとつの内容をスタジオで紹介。さらに番組スタッフが合宿に密着し、アウトなルーティン生活の実態を撮影。マツコ・矢部をはじめとするスタジオメンバーがあまりの徹底ぶりに驚くが、寺内は動じず、「何かあったときに寺内は部屋もきれいにしてたんやな、だから飛び込みもきれいなんやなって思ってもらいたい」と、ルーティンの裏にある魂胆を語る。

二人目のゲストは韓国出身のグラビアアイドル、イ・リン。痴漢に遭っても全く同情されなかったというが、それには父の教育が関係しているといい、痴漢された際の様子をスタジオで再現する。そもそも父の教えで、小さい頃から武道を身につけてきたというイ・リン。その教育法について深堀りしていくと、かなりのアウトぶりであることが発覚する。

なお、前回の放送にはスーパーマラドーナ(武智、田中一彦)が出演。出場権を失った今でも『M‐1グランプリ』に取りつかれる武智のアウトぶりへの密着映像が公開された。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ