【ビルボード】Aimer「残響散歌」アニメトップ返り咲き、『王様ランキング』バトンタッチが話題のVaundyが上昇

Billboard JAPAN



2022年1月19日公開(集計期間:2022年1月10日~1月16日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN HOT Animation”で、TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭編』のオープニング曲であるAimerの「残響散歌」が1位に輝いた。

1月12日にCD発売された「残響散歌」は、もともと高かったデジタル・ポイントにフィジカル・ポイントが加算されたことで、前週3位から3週ぶりにトップに立った。CDセールス1位、CD読み取り回数のルックアップで1位、Twitter 1位、ダウンロード2位、ストリーミング3位、動画再生3位、ラジオ4位に加え、カラオケ12位と当週からカラオケ指標のポイントも加わっている。同シングルにも収録されている「朝が来る」(『鬼滅の刃 遊郭編』エンディング曲)は、ダウンロード1位、Twitter 2位、動画再生4位、ラジオ7位、ストリーミング12位で4位に初登場した。

『劇場版 呪術廻戦 0』のエンディング曲であるKing Gnuの「逆夢」は、動画再生とストリーミング指標がトップを記録して、前週と変わらず2位をキープ。そして、同映画の主題歌である「一途」は、2週連続1位から当週3位にチャートインした。順位を落としたものの、ストリーミング2位、動画再生2位、ダウンロード4位、Twitter 4位とデジタル指標が好調な動きをキープ。また、カラオケ指標では「逆夢」が12位→9位、「一途」は9位→7位と上昇しており、ロングヒット曲はカラオケでも人気が高い傾向から考えると、両曲ともにまだまだトップに残る可能性が高い。

当週トップ10に初登場した楽曲は「朝が来る」とVaundyの「裸の勇者」の2曲。TVアニメ『王様ランキング』の第2クールのオープニング・テーマである後者は前週12位に初登場しており、今回順位を4つ上げた。上昇の主な要因はストリーミングとラジオ指標で、ラジオ2位、ダウンロード6位、ストリーミング7位、Twitter 7位を記録した。前クールのオープニングを務めたKing Gnuの常田大希がバトンタッチのメッセージをSNSに投稿しており、アーティスト同士の交流がファンを沸かせている。

◎【JAPAN HOT Animation】トップ10
1位「残響散歌」Aimer
2位「逆夢」King Gnu
3位「一途」King Gnu
4位「朝が来る」Aimer
5位「Cry Baby」Official髭男dism
6位「怪物」YOASOBI
7位「廻廻奇譚」Eve
8位「裸の勇者」Vaundy
9位「明け星」LiSA
10位「虹」菅田将暉

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ