純度の高い“豆乳イソフラボン”でなめらか素肌へ【なめらか本舗】保湿ラインがリニューアル

beauty news tokyo


健康だけでなく美容にも良いと知られる豆乳。その様々な美容効果が期待できる大豆に含まれるイソフラボンに着目した自然派スキンケアブランド【なめらか本舗】の保湿ラインが、リニューアルして2022年2月8日に発売されます。リニューアル最大のポイントが、「なめらか本舗」オリジナルの成分である九州産丸大豆“ふくゆたか”由来の純度の高いイソフラボンが新たに配合されたこと。



世界新開発(※1)の高純度豆乳イソフラボン(※2)と豆乳発酵液(※2)のダブルの保湿成分が配合されてパワーアップしています。パッケージも”豆乳ホワイト”をテーマにしたより洗練されたデザインに刷新。環境に配慮した容器資材が採用されています。さらに、自然豊かな鈴鹿山系の地下水が使用され、無香料、無着色、無鉱物油なのも安心して使えるポイントです。(※1:化粧品原料として世界で初めて国際化粧品表示名称を取得、※2:保湿成分)

使い心地も保湿力も優秀なコスパ高いスキンケア


乾燥が気になるお肌をしっかりと保湿してくれて、幅広い年齢層におすすめの保湿ラインは、クレンジング洗顔(2タイプ)、化粧水(3タイプ)、乳液、クリームの4種類がリニューアル。一足お先に試してみましたが、冬になると乾燥がひどく赤みが出やすくなる敏感肌の私でも、肌に潤いと保湿を感じられました。



▲すっきりタイプとしっとりタイプの2タイプの「洗顔料」は、潤い感のあるふわふわな泡立ちで、キメを整えて肌荒れを防いでくれます。また、洗いあがりにつっぱらないのも嬉しいポイント



▲肌にうるおいを与えながらキメを整え、しっとりするのにベタつきのない使用感が魅力的な化粧水は、選べる3タイプがラインナップ。やさしい使い心地でなめらかな素肌に導く「化粧水」、みずみずしいうるおいで肌を満たしてくれる「しっとり化粧水」、そしてトロリとした美容液のような濃厚さでしっとり保湿してくれる「とてもしっとり化粧水」です。



▲ラインナップのなかでも特にイチオシが、肌なじみが良く濃厚な使い心地の「乳液」。しっとりするのにベタつきがなく、肌をうるおいで満たしてくれます。とろーりと伸びるテクスチャーなので、お肌のマッサージにもおすすめ



▲乾燥が気になる季節の強い味方となってくれる「クリーム」。お肌の上にラップをかけるようなパック処方でうるおいを密閉して逃さず、なめらかな素肌へと導いてくれます。ふっくらと潤うのにさらりとベタつかない使い心地なので、「重ためなクリームは苦手だけど保湿はしたい」という方にもおすすめ

イソフラボンの美肌に対する効果の研究を積み重ねてきた【なめらか本舗】の保湿ラインは、乾燥が気になる季節にピッタリ。ぜひチェックして、実際にお肌で試してみてくださいね。<text:Hiromi Anzai 問:お客さま相談室(サナ) 0120-081-937>

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ