馬場良馬主演 番組ディレクターと討論番組の参加者が巻き起こす騒動を描く、舞台『政見放送』の上演が決定

SPICE



2022年2月17日(木)~20日(日)渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールにて、舞台『政見放送』の上演が決定した。

本作は、地方テレビ局で制作されることになった、「町長選挙討論企画」という候補者が討論を行う番組を舞台に、番組ディレクターと候補者たちの騒動を描いた物語。

主演の番組ディレクター神崎役を務めるのは、2012年放送のスーパー戦隊シリーズ「特命戦隊ゴーバスターズ」に出演、 以降も舞台『ぼくらの七日間戦争』『五月雨』で主演、黒木瞳初演出で話題となった舞台『甘くない話~ノン・ドサージュ~』に出演するなど、シリアスからコメディまで多彩に演じる馬場良馬

たけし軍団としてその名を全国に轟かせ、俳優業でも類稀なキャラクターによりその存在感を発揮し、北野武作品など数多くのドラマや映画、舞台に出演、自身が所属する株式会社TAPの専務取締役を務めながら芸能界で長年マルチに活躍するダンカン。ミュージカル『レ・ミゼラブル』にて女優デビュー、NHK連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」シリーズに出演し、以降も数多くのドラマ、舞台、映画で活躍する藤田朋子。 舞台『刀剣乱舞』、舞台『東京卍リベンジャーズ』での主演など数々の2.5次元舞台作品に出演し注目を集める木津つばさ。福田雄一主宰のブラボーカンパニーと男だらけの劇団ゴツプロ!に所属し、プロデュースも手掛けるなど舞台を中心に活動する佐藤正和。「仮面ライダー鎧武/ガイム」、Vシネマ「日本統一」シリーズに出演、映画「性の劇薬」で主演を演じる北代高士ら実力派俳優達が脇を固める。

演出は、映画「U-31」「一人の息子」「元メンに呼び出されたら、そこは異次元空間だった」で監督、近年は舞台にも取り組んでいる谷健二、主演の馬場良馬とは過去に映画「リュウセイ」「U-31」「一人の息子」でタッグを組んでおり、 舞台では初のタッグとなる。また脚本は、小泉今日子出演で話題になった舞台『向こうの果て』で脚本を手掛けた竹田新
【あらすじ】
地方テレビで「町長選挙討論企画」という候補者が討論を行う番組が制作される事になった。
収録前、「面白い番組になるぞ!」とディレクターは楽しそうに笑っていた。
討論番組に参加する候補者は、町の有力者で傲慢と噂される者、 大物女帝国会議員、泡沫候補のシングルマザー、売れない役者と個性豊かな者たち。
控室では候補者の裏側、素の姿が見られ、評判とは違う姿を見せる候補者たちの思惑が見え隠れし始める。
遂に討論番組が始まると候補者や番組ディレクターの思惑がぶつかり合う。
一体、討論番組はどんな展開を見せるのか……。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ