坂上忍、過激発言のあとは「毎回、本気で後悔する」【おかべろ】

1月17日放送『おかべろ』(フジテレビ系列)は坂上忍の未公開トークSP!お酒が進みすぎてお蔵入りになりかけた坂上の放送ギリギリのエピソードを一挙公開!『バイキング』でのトラブルについて何を語る?

坂上「ついついスイッチが入っちゃう」

2021年9月、『おかべろ』に出演した坂上忍。岡村隆史から「引き際って考えてます?」と聞かれると、「愛犬の世話ができなくなった時かな」。

芸能界きっての愛犬家として知られる坂上忍。現在、22頭の犬を自宅で飼っているといい、毎朝4時から2時間かけて全頭散歩させているという。「さすがに毎朝は大変でしょう」とノンスタ石田から聞かれると、「それが僕の責任ですからね。仕事の優先順位は3位です」。ちなみに、2位は趣味のボートレースだという。

平日は毎日9時半にフジテレビに入り、『バイキング』の台本を入念にチェックするという坂上。欠かせないルーティンになっているといい、「全体の流れをシミュレーションしているんです」。

ただ、生放送では予想外のアクシデントも…。「時々、台本と意見を変える専門家がいるんですよ」と内幕を明かし、「そういう時はこっちもスイッチが入っちゃうんですよね。話が違うだろって」。放送ギリギリのあぶないトークに岡村・石田も大爆笑!

ただ、過激発言の後には反省することも多々あるといい、「スタジオが凍りつくと毎回、本気で後悔するんですよね」。

「『バイキング』を辞めたら何でも話します」と言い残した坂上。来年3月に『バイキング』終了が決まっているということで、早くもリベンジがあるかもしれない。