魔法ワールド史上最も偉大な魔法使い! ダンブルドア先生ってどのくらいすごいの?

ガジェット通信



「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る魔法ワールドシリーズ。2018年11月に劇場公開され、興行収入65.7億、観客動員473万人を突破し大ヒットを記録した『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』に続き、遂に待ちに待った最新作となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が4月8日(金)に公開となります。

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュート(エディ・レッドメイン)が、ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)や魔法使いの仲間たち、そしてなんとマグル(非魔法族)と寄せ集めのデコボコチームを結成!全ハリー・ポッターファン必見!ホグワーツ城、ホグズミード村、不思議なトランクや可愛い仲間のビーストたちとともに、ますます広がる魔法の世界。全世界待望の“ファンタビ新シーズン”がやってくる!

ダンブルドアといえば、「ハリー・ポッター」シリーズでもホグワーツ史上最も偉大な校長として、ハリーをはじめ多くの生徒に慕われていた先生。「ファンタスティック・ビースト」シリーズでは、そんなダンブルドア(ジュート・ロウ)の若き頃の姿が描かれ、主人公ニュート・スキャマンダーもハリー同様、彼の教え子であることが語られている。最新作では、最強の魔法使いと謳われるダンブルドアとその一族に隠された、ハリー・ポッター魔法ワールド最大の秘密が解き明かされるが、一体どのくらいすごい魔法使いなのか?レモンキャンディーが好物でどんな状況でもユーモアを忘れないダンブルドア先生が、最も偉大な魔法使いと呼ばれる所以を振り返ってみよう!



★史上最悪の魔法使いたちに恐れられる実力を持つ魔法使い

「ハリー・ポッター」シリーズでは闇の魔法使いヴォルデモート、そして「ファンタスティック・ビースト」シリーズでは史上最悪の黒い魔法使いと呼ばれたグリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)など、どの時代の闇の魔法使いにも恐れられていたことこそが、ダンブルドアの強さを示す一番の証。ヴォルデモートが暗躍した時代には秘密組織「不死鳥の騎士団」を創設し、指導者として活躍したことが知られている。

「ファンタスティック・ビースト」シリーズで敵対しているグリンデルバルドとは、かつて同じ志を持った友人であったことが明かされた。さらに『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』時点では「血の誓い」によってお互いに戦わないという誓いを交わしていたため、直接攻撃ができないという状況になっていることが判明。しかし、ニュートのペットであるキラキラしたものが大好きなニフラーが、グリンデルバルドの「血の誓いのペンダント」をこっそり奪っており、本作の重要アイテムになる可能性が極めて高い。これを破壊することができれば、ついにグリンデルバルドとの直接対決も可能になり、ダンブルドアの最強とされた姿がついに明らかになるかもしれない!



★魔法の強さだけじゃない!頭脳明晰で慈悲深い一面も併せ持つ人格者

ダンブルドアの偉大さは魔法の強さだけではない。優れた洞察力と明晰な頭脳で、ドラゴンの血の利用法に関する発見をしたことや、「賢者の石」を生み出した魔法使いのニコラス・フラメルと共同で行った錬金術の研究でも有名。ちなみに、ニコラス・フラメルは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でも、ダンブルドアの古い友人として登場。ダンブルドアは困った際の隠れ家として、ニュートにフラメルの家の場所を教えていた。さらに、人格者としても尊敬を集めており、ニュートがある事件によってホグワーツ退学の危機に直面した際、ダンブルドア先生が強く反対してくれ、また「ハリー・ポッター」シリーズでも常にハリーを気にかけ助言を与えてくれる存在。そんな慈悲深い一面も最も偉大な魔法使いと呼ばれる所以だ。



★ダンブルドアは「死の秘宝」3つすべてを所有していた時期があった

まとうだけで姿を消すことができる「透明マント」、愛する者の魂を呼び戻すことができるといわれている「蘇りの石」、魔法界史上最強の杖と呼ばれる「ニワトコの杖」という3つの死の秘宝。長年にわたり多くの魔法使いを魅了し、「ハリー・ポッター」シリーズでも重要なキーアイテムとして登場したが、ダンブルドアも多くの魔法使い同様、かつてはこの「死の秘宝」にとても執着し、すべてを所有していたことがあることが明かされている。「ファンタスティック・ビースト」シリーズではニワトコの杖が登場するが、その時はグリンデルバルドが所有しており、先日解禁された特報でもニワトコの杖で誰かの記憶を抜く姿がクローズアップされている。グリンデルバルドからダンブルドアへと杖の所有権が移るまでに一体何があったのかも、今後明らかになっていくことになりそうだ。



★飼育困難と言われている“不死鳥”すら飼いならす

ダンブルドア先生と関わりの深い魔法動物といえば不死鳥。非常に長寿で、寿命が来ると炎となって燃え上がり雛として再生し、その涙に治癒能力を持つと言われている珍しい魔法動物で、飼育困難と言われている。しかし、「ハリー・ポッター」シリーズでは、ダンブルドアは“フォークス”という不死鳥を飼っており、ホグワーツで共に過ごす友人のような存在として登場していた。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』では、ダンブルドア家の人間が窮地に陥ったときには不死鳥が駆けつける、という特殊な家系であることが明かされており、特報やポスターにも不死鳥が登場するなど、本作の鍵となる魔法動物となりそうだ。

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

■監督:デイビッド・イェーツ(『ファンタスティック・ビースト』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品)

■脚本:J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)

■プロデューサー:デイビッド・ヘイマン(『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、「ハリー・ポッター」全8作品)

■出演︓エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、カラム・ターナー、ジェシカ・ウィリアムズ、キャサリン・ウォーターストン、マッツ・ミケルセン 他

(C)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

Wizarding World™ Publishing Rights (C) J.K. Rowling

WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ