仲の良さが逆に黄色信号!?【結婚できないカップル】の特徴4つ!

ハウコレ



仲が良い彼氏がいるけれど、一向に結婚の気配がないと不安に感じている女性もいますよね。ケンカもほとんどしないのに、現実維持のまま先に進まないことに焦りを感じることもあるでしょう。

仲がいいカップルだから結婚できるとは限りません。むしろ仲の良さが結婚を邪魔していることも!?そこで、仲が良いのに結婚できないカップルの特徴について紹介します。彼氏との関係に不安を感じている女性は、必見ですよ。

■同棲している
結婚に至らないカップルによくあるのが、今現在同棲しているということです。男性が同棲している現状に満足しているため、結婚というリスクを取らなくても今のままでいいと感じています。

彼女のことが嫌いなわけでなくむしろ好きなのですが、今の居心地の良さを変えてまで結婚に踏み切ろうと思えません。結婚することによって生じる責任感から、無意識のうちに逃げてしまっていて、今のままがいと思っているのです。

■愛情じゃない
仲が良いカップルだからといって、愛情で繋がっているとは限りません。どちらか一方が愛情ではなく、長年一緒にいた情になっている場合、結婚に乗り気になれません。

嫌いなわけではないですが、愛情があるかと言われると微妙な気持ちになります。

■相手に飽きている
長年付き合っているカップルにあるのが、相手に飽きてしまっているということです。一緒にいる期間が長すぎて、新鮮味がなくなってしまっています。

落ち着いた関係を望む人ならばそれでいいのですが、常にトキメキを求める人だと物足りなく感じます。そのため、結婚に踏み切れなくなってしまっているのです。

■既に家族のような関係
お互いの両親ともに顔を合わせていて、家族旅行に同席するような関係だと結婚しないことが多くなります。気持ち的にすでに家族のように感じているため、変化を望みません。

お互いの親もパートナーのことを家族のように扱っている関係だと、すでに家族みたいなものです。子供ができない限り、結婚しなくてもいいと思っていることもあるでしょう。

■馴れ合いすぎも危険!
仲が良いからといって結婚に繋がるというわけではありません。関係がマンネリ化してしまっている場合、二人の間に何か刺激となるハプニングを起こした方が良いでしょう。その方が結婚が近づきやすくなりますよ。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ