ブルックリン・ベッカム、“ヴィーガン”スニーカーを宣伝して非難殺到 「週3回ステーキを食べると言ったのに」

ベッカム家の長男ブルックリン(22)が、靴底に「ヴィーガン」の文字を施したスニーカーを履いたことから、非難が殺到した。ブルックリンは数日前に巨大なステーキを焼く動画を公開し、「ステーキが大好物で、週3回食べることもある」と自慢したばかりだった。

ブルックリン・ベッカムが現地時間15日、自身のInstagramで黒い野球帽を後ろ前に被り、上半身裸でソファに座る姿を公開した。

ブルックリンは両足をガラステーブルの上に置き、スニーカーの靴底に施された「VEGAN(ヴィーガン)」の文字を見せている。このスニーカーは、ブルックリンが昨年アンバサダーに就任した英ファッション・ブランド「Superdry」の新作だ。

靴底に書かれた「ヴィーガン」とは、肉や魚介類、乳製品や卵などの動物性食品を一切食べない完全菜食主義者のことで、動物由来の素材を用いていない衣料品などは「ヴィーガンファッション」と呼ばれている。

このことから、ブルックリンが履くスニーカーは動物由来ではなく、サステナブルな素材が使用されたものとみられる。

投稿には「『Superdry』のヴィーガン・フットウェア、近日発売。2022年1月24日、ファッションの足跡を低くしよう」と記し、新作スニーカーを宣伝した。

しかしブルックリンはこの数日前にステーキを焼く動画を公開し、「ステーキが大好物で、良く食べているんだ。週に1、2回食べる時もあれば、3回食べる時もある」と伝えたばかりだった。

すると、このことに気づいた多くのフォロワーから「先日は、ステーキを料理したばかりなのに!」と非難が殺到してしまった。

「驚いた。この前は、巨大なステーキを焼いてたじゃないか!」

「それなら、植物ベースの代替品で料理してくれないかしら? その方がよほど感心できるけど。」

「ヴィーガンは必ずしもサステナブルとは限らない。ヴィーガンの靴のほとんどはプラスチック製だから、全てが良いとは言えないんだ。」

「ある日にはステーキを焼いて、別の日にはヴィーガンを宣伝するなんて。マジでありえない! 全く意味がないことだ!」

現地時間12日に公開した動画は、ブルックリンが有名な米BBQシェフ、アダム・ペリー・ラング氏が経営するレストランを訪れ、ステーキの焼き方を学ぶ場面からスタートする。

この後ブルックリンは友人で歌手のチェイス・ハドソンを招待し、ラング氏から習ったレシピに挑戦。その際にはステーキの焼き加減について、「ほとんど焦げた状態で、中がミディアムレアなのが好きなんだ」と話していた。

そして最後には、焼き上がった巨大なステーキを、2人が美味しそうにほおばる姿も映されている。



画像は『brooklynbeckham 2021年12月14日付Instagram「Had so much fun filming with @voguemagazine and cooking for my gorgeous fiancé @nicolaannepeltz」、2022年1月15日付Instagram「@superdry vegan footwear.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ