有名な昔話の主人公は男の子ばかり!? "女の子が主人公"の昔話だけを集めた絵本シリーズ刊行開始!

Rooftop


unnamed-1.jpg

株式会社偕成社は、 中脇初枝が再話した「女の子の昔話えほん」シリーズ(全6巻)を2022年1月より刊行。

民俗学を学んだ中脇初枝が、 日本と世界から集めた、 女の子が主人公の昔話絵本シリーズ
昔話ときいて、 あなたが思い浮かべる主人公は、 桃太郎、 浦島太郎のような男性が多いのではないだろうか。 女性が主人公の場合も、 ひかえめでおとなしい女性ではないだろうか。 絵本になるのはそういう昔話が多いのだが、 語りつたえられてきた昔話はもっと豊かで、 へこたれずに自分なりの幸せをつかむ、 いろんな女性たちが登場する。 これまで知られてこなかった、 そんな主人公がでてくる昔話を厳選し、 あえて“女の子”にスポットをあてたシリーズ。

著者は、 映画化もされた『きみはいい子』(2013年 本屋大賞第4位、 第28回坪田譲治文学賞受賞)、 『世界の果てのこどもたち』(2016年本屋大賞第3位)など、 話題作を次々世に送り出している注目の作家、 中脇初枝。 実は、 小学校6年生のときに柳田國男の『遠野物語』を読んで以来、 民俗学に夢中になり、 筑波大学では民俗学を専攻、 昔話を各地で聞きとり、 再話し、 語ってきた。 本シリーズは、 中脇さんが、 日本にくわえて、 世界の昔話から集めた女の子が主人公のお話で構成されている。

ちからもちのおかね(22年1月刊行)

1月に刊行する第1弾は 『ちからもちのおかね』 (伊野孝行 絵)。 高知県で育った中脇が思い入れのある、 高知の昔話。 おかねは、 とっても力持ちの女の子。 大きな相撲取りをたったの3歳で追いはらい、 大きくなると殿さまにも認められるほどになった。 やがて、 腕利きの猟師になると、 天狗や化け物を相手に大活躍。

unnamed-2.jpg

マーヤのさるたいじ(22年2月刊行)

2月に刊行するのは、 奄美諸島の沖永良部島に伝わる 『マーヤのさるたいじ』 (唐木みゆ 絵)。 川で拾った桃の種から、 大きな桃の木を育てたマーヤですが、 ずるい猿にだまされて、 おいしい桃を盗られてしまう。 マーヤは怒って、 おにぎりをつくり、 猿退治にでかける。 途中で出会った仲間とともに、 猿をこらしめることはできるのだろうか。 へこたれない女の子が主人公。「さるかに合戦」と「桃太郎」を1つにしたような昔話。

unnamed-3.jpg

花をさかせたがらない小さなキャベツ(22年2月刊行)

2月に刊行の第4弾は、 『花をさかせたがらない小さなキャベツ』 (うえのあお 絵)はフランスに伝わる昔話。 お母さんが女の子にキャベツの水やりをお願いするが、 断られてしまい……今度は子犬や小枝、 火や水と、 いろいろなものに、 たのみにいく。 最後にでてくるのは、 なんと…。状況がエスカレートしていく様がたのしい「だんだん話」の昔話が絵本に。

unnamed-4.jpg

つづいて、 3月にはおだんごを追いかけて鬼の家にいった女の子の昔話を布絵と刺繍で描いた 『おだんごころころ』 (MICAO 絵)が刊行予定。 これまでなぜか取り上げられることが少なかった、 けれども昔話のなかに語り継がれてきた多様な「女の子」を新たな形でよみがえらせる本シリーズ、 ぜひご注目を。

unnamed-5.jpg

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ