体操・内村航平、現役ラストステージは「自分らしく」

Entame Plex



新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は、東京体育館にて開催される内村航平選手の現役ラストステージとなる『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』を3月12日(土)午後1時から独占生中継することを決定した。

オリンピック2連覇、世界体操6連覇など数々の輝かしい実績を残し、日本の体操界を牽引してきた内村手は、先日、30年にわたる競技人生に幕を下ろし、引退することを発表した。1月14日に行われた引退記者会見では、体操人生を振り返り「競技人生に満足が出来ているかでいうとそうではない」「『あの時もっとやれただろ』と思っています」とコメント。

また、これまで1番記憶に残る演技については、2011年の世界体操競技選手権と2016年のリオデジャネイロオリンピック個人総合の2つを挙げ「そのころの感覚や視界が今も記憶に残っている」とコメントし、「2011年は今まで感じたことがないくらいの“ゾーン”を感じました。

朝起きる2、3分前から今日は何をやってもうまくいくという感覚で目覚めて、試合が終わるまですべて自分の思い通りになりました」「これは一生出ないと感じた、すごい日でした」とコメントし、リオデジャネイロオリンピックについては、「リオはあれだけの点差を逆転できたのもそうですし、オリンピックの歴史にも名を残せる激闘で、オリンピックの会場を2人で支配することができたのが記憶に残っています。今後味わえないだろうなと感じていた」と

当時を振り返りコメントした。

さらに、今回引退試合をやろうと思った理由として、「体操選手が引退をするときに引退試合のような場所がなかったので、「『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』を通して、今後引退していく選手たちには、それがスタンダートだと思って目標にしてもらいたいです」と明かした。また、最後の舞台で6種目をやろうと思った理由については「僕自身はオールラウンダーとしてやってきたので、6種目をやりたいと思いました」「6種目の練習をやることが普通だと思ってやっていましたし、体操は6種目やってこそだと思っています」「後輩たちにも受け継いで欲しいですし、体操が心底好きだから6種目をやろうと思いました」と体操への思いを語ってくれた。

そんな体操への熱い想いを語った内村選手が、長きにわたる現役生活最後の舞台に選んだのは、3月12日(土)に東京体育館で開催される『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』。ゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、そして最後は、内村選手の真骨頂である鉄棒の全6種目すべての競技に登場予定。世界中から絶賛される“美しい体操”をお楽しみに。

そしてこの舞台を通して、体操人生の最後に内村選手はどんな言葉を届けてくれるのか。『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』に向けて、内村選手は「この度、3月12日(土)に『KOHEI UCHIMURA THE FINAL』を開催する事になりました。最後に6種目を演技させて頂き、自分らしく美しい体操をしたいと思います。今出来る精一杯の演技をしますので、よろしくお願いいたします!」とコメントを寄せている。

「ABEMA」では、内村選手のラストステージをより多くの方々に見届けていただきたいという思いから、東京体育館で開催される『KOHEI UCHIMURA THE FINAL 』を午後1時より独占生中継。“キング”内村選手の現役最後の姿をぜひお見逃しなく。

(C)テレビ朝日

当記事はEntame Plexの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ