横浜流星はヤンチャだった?「先生が怒っていた中では優秀な方」【A-STUDIO+】

1月14日に放送された『A-STUDIO+』(TBS系列)。ゲストに大人気俳優・横浜流星が2度目の登場。クールな役柄を演じることの多い横浜だが、高校時代の担任からヤンチャな学生生活を暴露された。

高校時代の担任の先生からの暴露にタジタジ

「学生時代からは変わったの?」と番組MC・笑福亭鶴瓶。「変わったかもしれないです。この仕事をやってというのと、20歳を越えて何か変わりましたね」と横浜が答えるとーー。

鶴瓶が「クラスノート」と書かれた一冊のノートを取り出す。横浜の高校1年生の時の担任の先生から借りたという鶴瓶に、「え…?何が書いてありますか?」と恐る恐る聞く横浜。

「4月20日、授業妨害、厳しく注意する、保護者に連絡」、「5月30日、携帯没収」、「7月6日、母携帯を引き取り、4回目の没収」。鶴瓶から次々と読まれるノートの内容にスタジオ大爆笑。思わず顔を隠す横浜。高校時代は今でも週1回会うという友人たちと、楽しく過ごしていたことを明かした。

横浜「赤点は取っていない」

横浜の通っていた高校の学力が、当時よりも上がっていることを担任から聞かされていた鶴瓶。「もう今は絶対に通れへん。横浜は聞く気はあんねんけども、全然(勉強は)アカンかったんやって言うてたもんね」と明かした。

それに対し横浜は、「えっ?そうですか?!僕、赤点取ってないですよ!」と自信満々に腕を組んでみせる。「だから、先生が怒っていた中では優秀な方です。はい。」と照れながら満面の笑みで答える横浜だった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ