ネゴシックスのシュールな笑いに、千鳥・大悟「捨て回です」【相席食堂】

1月11日、『相席食堂』(テレビ朝日系)が放送された。この番組は突然有名人が日本各地の食堂に現れ、地元の人に相席をお願いするという旅を千鳥の2人がスタジオでツッコミながら見守るバラエティー。

番組冒頭、群馬県太田市でロケを行うネゴシックスのVTRに。

ネゴシックスのシュールな笑い

ネゴシックスはダンボールに大悟とノブの写真を貼り、その口からコメントが書かれた紙を送り出し読み上げるというシュールな笑いを提供しようとしたが、ここでノブがVTRを止める。

ノブは「今回捨て回です、すいませんでした」と切り出すとスタジオは笑いに。大悟も笑いながらすいませんと陳謝する。そして「ただありがとうスタッフの皆さん」と続ける。ノブは「われわれの友達ですからね。えー、ネゴシックスが」と解説。続いて大悟が「今年勝負じゃないですよ。お前は10年前が勝負だった」と鋭く突っ込み笑いを誘う。

ネゴシックスは絵描き?

さらに大悟「まーでもね、ネゴは今あれですから、絵描き。すごいですから実は」と。それにノブも同調し「うちにも絵画何枚かかざってあるネゴの」そして大悟がA4程度の用紙の大きさをジェスチャーしながら「このぐらいでどれくらいとるの?」とノブに尋ねるとノブは「5万とる」と返すと周囲に笑いが起こる。そしてナレーションでイラストレーターとしての仕事ぶりを紹介された後、再びネゴシックスのVTRへ。

スタッフがイラストレーターと笑いの仕事の割合を尋ねると「8対2じゃないですか。8割イラスト。今9対1くらいになりつつありますよ。」さらに「もう10対0かもしれないですね」「もうお笑い芸人じゃないんです。描く人です」と哀愁たっぷりに答えるとスタジオに笑いが。

そして次のVTRに移る前フリでなぜか突然無言で見得を切るポーズを取ると、VTRストップ。大悟が「幼稚園児の子が今ロケに行ったと思ってください」とコメントし爆笑が巻き起こった。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ