ゼイン・マリク、ジジ・ハディッドと交際中の浮気が発覚 お相手女性の赤裸々告白が明らかに

歌手ゼイン・マリク(29)が、モデルのジジ・ハディッドと交際中に別の女性と浮気していたことが発覚した。そのお相手だった元リアリティスターの女性がゼインとの関係について明かした内容を彼女の友人が暴露したのだ。

英メディア『The Sun』が現地時間15日、ワン・ダイレクションの元メンバーで現在ソロ歌手として活動するゼイン・マリクが、ジジ・ハディッドと交際中に浮気していたことを報じた。

お相手は英ITVのリアリティ番組シリーズ『The Only Way Is Essex(TOWIE)』に2013年に短期出演し、現在は不動産開発者として働く英国人アビ・クラークさん(Abigail Clarke、30)だ。

ゼインは2015年からジジ・ハディッドと交際し、2020年9月に愛娘Khaiちゃんをもうけたが、昨年10月に破局していた

同メディアによると、ゼインと関係を持ったアビさんは友人に対し、彼との出会いや情事の内容を赤裸々に明かしていたという。

アビさんがゼインに出会ったのは、友人達と訪れていたロサンゼルスのバーだった。赤いチューブトップとヒップが引き締まって見えるフレアパンツ姿のアビさんを、店内にいたゼインがじっと見つめていたそうだ。

すると女性がやってきて、「ゼインがあなたのことを気に入っています。彼のテーブルについてくれませんか?」と尋ねた。

アビさんは当時のゼインの態度について「彼は私の体型が好きだと言って、触ってきたのよ。私の体のあちこちに触れてキスをしたわ。すると彼のマネージャーが、私達をプライベートな場所へ移動させようとしたの」と友人に明かしていた。

その後2人は連絡先を交換し合い、英国に帰国後にはゼインがロンドンに所有する邸宅で情事を重ねるようになったそうだ。

ゼインの豪邸にある寝室はダンジョン(地下牢)のようで、まるで官能恋愛映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』さながらのプレイをしたという。

アビさんは友人に対し「ゼインとの体験は『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』みたいだった。彼の寝室は黒で統一されていて、明るくてモダンな感じの他の部屋とは全く対照的だったのよ」と言い、その詳細をこう明かしていた。

「シルクのシーツが敷かれたベッドには四本の柱があり、周囲にはカーテンがかかっていた。まるでダンジョンに入ったみたいでね。私は彼を“ミスター・グレイ”と呼んだのよ。私達は素晴らしい時間を過ごしたわ。」

ゼインは最近、プラスサイズ専門のデートアプリに登録したことが話題になったばかりだ。アビさんは友人に対し、この事実を裏づけるようなことも伝えていた。

「ロスに滞在中、彼はスリムな女性が多すぎるとボヤいていたのよ。ゼインは私みたいにふくよかで、お尻の大きな女性が好みだと言っていたわ。」

アビさんはゼインがジジと交際していたことは知っていたが、当時2人はすでに破局したものと勘違いしていたという。

ゼインとの情事を重ねていたある日、アビさんは床に落ちていた彼のスマートフォンを拾い上げて手渡そうとした。すると画面にジジの写真と「あなたがいなくて寂しい」とのメッセージが写し出されたそうだ。

アビさんは「ひどいと思った。私は彼の“もう1人の女性”になりたくなかったから身を引いたの。申し訳ない気持ちでいっぱいだった」と、ゼインと別れた理由を友人に明かしたという。

画像は『Zayn Malik 2021年10月16日付Instagram』『Abigail Clarke 2022年1月1日付Instagram「Happy New Year Everyone」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ