ナイナイ矢部、M-1出場資格がない芸人に「もう出ないから」【アウト×デラックス】

1月13日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系)でスーパーマラドーナがゲスト出演した。
スーパーマラドーナはM-1出場資格がないのに「ついにM-1のネタができました」と話し、ナイナイの矢部が「もう出ないから」とツッコむ場面があった。

M-1が大好きすぎて「M-1おじ」と呼ばれているスーパーマラドーナ・武智。

2003年にコンビを結成したというスーパーマラドーナ。
同期には、南海キャンディーズやNON STYLEがいる。
2015年結成12年目にして初めてM-1グランプリの決勝に出場。
そこから4年連続で決勝に出場しており、2018年がM-1最後の出演となった。
M-1が大好きすぎるというスーパーマラドーナ・武智はYouTubeチャンネルで動画の8割がM-1関連だという。
南海キャンディーズ・中里は「4年出るってすごいことですよね。敗者復活のスーパーマラドーナの何が凄いって、視聴者投票だから人気者が票を集めやすいんですよ。ご覧の通り人気が縁遠い2人がただただ漫才の実力だけで勝ち取った」とスーパーマラドーナについて語っていた。
相方・田中は、武智のことについて「毎日M-1のこと言ってるんで後輩からはM-1おじさん、略して『M-1おじ』と呼ばれている」と述べた。

ナイナイ矢部、「ついにM-1のネタができました」という武智に「もう出ないから」

田中は、「M-1でないのにM-1用にネタ仕上げるんです。」と相方・武智の驚きの行動を告白。
スーパーマラドーナは芸歴19年のため、残念ながらもうM-1に出場する資格がないのだ。
そのネタで他の演者と競い合って「俺の方がM-1やで」っていうのを武智1人で思っているという。
中里から「M-1出られないけどM-1用のネタ作っちゃう?」と質問された武智は、「作ってますし、今年凄いネタができた。ついにM-1のネタができました」と答えた。
ここでナイナイの矢部が「違う違う。もう出ないから」とツッコミを入れていた。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ