鬼滅を追い上げたのはなんと東方! 週間人気記事(1月7日~13日)

今回もアニメージュプラスの人気記事ランキングをお届けしよう。
集計期間は2022年1月7日から1月13日だ。

正月も明けてしまい、社会人の方は大半、この週にはもう普通に働き始めていたのではなかろうか。北海道と青森県以外では学校も始まっている。

世間の動きとしては、オミクロン株によるものと思われる新型コロナウイルスの感染拡大が広がっている。
読者の皆様におかれてはマスク・手洗いで自衛していただきたい。

映画ランキングでは『スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム』が初登場1位。『劇場版 呪術廻戦 0』は2位にランクダウンしたが、すでに興行収入77億円を突破している。
『日本語劇場版 サンダーバード55 GOGO』は初登場9位となっている。

それでは20位から10位まで、カウントダウン!

<1月7日~1月13日>
【20位】
ハッピーセット「おさるのジョージ」「すみっコぐらし」を組み立ててみた
【19位】
16本の「アイナナRabbiTube」が1枚のBlu-rayで手軽に楽しめる!
【18位】
『シンカリオンZ』第33話 新旧運転士の共演!ハヤトと初詣!
【17位】
『呪術廻戦』写真映えバツグン!パンダのミニ立体ケーキ!
【16位】
ついに決着、母・りんの命運は?『半妖の夜叉姫』第37話見どころをお届け!
【15位】
『ハイキュー!!』スマホにつけて持ち歩けるキーリングハンガー♪
【14位】
『ウマ娘』スペシャルウィークたちがプライズフィギュアに!
【13位】
『鬼滅の刃』見た目もド派手なローソンおにぎりやからあげクンを堪能
【12位】
重厚な世界観を日常生活に! 『ベルセルク』Tシャツ&ベヘリット
【11位】
全『マクロス』作品の中で一番歌われている主題歌ランキング2021

20位はハッピーセットの情報。今回はやや低めの順位となった。

18位は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』の先行カット記事。このところ先行カット記事がランクインすることが多くなっている。この回は前作『新幹線変形ロボ シンカリオン』の主人公速杉ハヤトが本格的に登場するので、注目度も高かったのだろう。

16位は『半妖の夜叉姫』の先行カット記事。常連とまでは行かないが第1期の頃からランキングには何度も顔を出している作品だ。クライマックスが近づき、こちらも注目度が高まっているのだろう。

14位は、世間的な人気の高さの割にはこのランキングにはそれほど顔を出さない『ウマ娘 プリティーダービー』のグッズ記事。とはいえこのところ登場率が上がっているので、グッズの増加と共により登場頻度は上がってくるかもしれない。

そんな下位ランクのトップ11位は、前回1位だった年末年始特集のカラオケランキング。マクロスと歌のつながりが他作品よりも強いことが、2週連続ランクインにつながったのだろう。

Googleのサジェストは、同じPCでもタイミングによって違う結果が出たりするので絶対ではないのだが「100億の男」と入れると「安室」「煉獄さん」「赤井」「シンジ」などが2つめのワードとして提示される。
安室、赤井は『名探偵コナン』の安室透と赤井秀一、煉獄さんは『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎、シンジは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の碇シンジである。

それぞれ興行収入が高かった映画の登場人物で、ファンによって「○○を100億の男に」という草の根ムーブメントが巻き起こっていた。

さて、現在77億円突破の『劇場版 呪術廻戦 0』であるが、これもいずれ「100億の男に」ムーブメントが起きてくる可能性はある。その場合、100億の男になるのは誰か、というのはちょっとした問題である。
映画本編を見れば分かるのだが、『劇場版 呪術廻戦 0』は間違いなく主人公である乙骨憂太の物語である。であれば順当に「乙骨を」「憂太を」となるべきところだが、悪役である夏油傑を100億の男に、と呟いている人もおり、予断を許さない。
先に上げた4人も、地味にシンジ以外主人公ではないのである。

ちなみに「100億の男に」の起点と思われる安室透だが、その時の映画『名探偵コナン ゼロの執行人』は最終的な興行収入が91.8億円で、惜しくも100億に届かなかった。
『劇場版 呪術廻戦 0』はどこまで伸びるのか、注目したい。

それでは10位から1位まで、カウントダウン!

<1月7日~1月13日>
【10位】
『あらいぐまラスカル』45周年!特別なアニバーサリー企画を発表!
【09位】
羽田秀吉の将棋勉強会で殺人事件が! 『名探偵コナン』1033話
【08位】
ウッドストックからスヌーピーへ♪ お手紙みたいな本革ミニ財布
【07位】
蒼井翔太&榎木淳弥『お昼のショッカーさん』で魅せるイィーッ!関係
【06位】
ついに、もろはが犬夜叉とかごめに再会!『半妖の夜叉姫』第39話
【05位】
『東京リベンジャーズ』が成年年齢引下げ政府広報にエール!
【04位】
『ルパン三世 PART6』新章スタート!コラボカフェほか関連企画も続々発表
【03位】
『聖闘士星矢』特別映像&ビジュアル解禁!聖域十二宮編全話公開!
【02位】
ローソンに『東方ダンマクカグラ』襲来!美麗イラストアイテム満載!
【01位】
宇髄天元・胡蝶しのぶ・冨岡義勇が牛乳隊に参加、家族を支える柱に!

7位はアニメ『お昼のショッカーさん』の対談記事。ショートアニメであるが人気声優が演じることもあり、注目を集めたのではないだろうか。
ちなみに『お昼のショッカーさん』というタイトルではあるが、放送時間は局によって昼だったり夕方だったり深夜だったりするのでご注意を。

6位は『半妖の夜叉姫』の先行カット記事がもう1本ランクイン。『犬夜叉』の主人公・犬夜叉の名前が記事タイトルにあるので、注目度が高かったものと思われる。

5位は『東京リベンジャーズ』の政府広報キャンペーンのニュース。不良をメインに据えた同作が政府広報に登場するというのはなかなか面白い展開だ。これも『東リベ』の圧倒的な人気と知名度あってのことだろう。

2位は、同人シューティングゲーム「東方Project」の派生作品である『東方ダンマクカグラ』のローソンコラボの記事。「東方Project」関連の記事はこれが3度目のランクインで、記事本数があまりないことを考えると実は登場率はそこそこ高い。
「東方Project」は同人ゲームを基本としており、「本編」と言えるシリーズはいまだに同人ゲームである事を守り続けている。一方で派生作品には商業展開になっている物も多く、『東方ダンマクカグラ』もスマートフォン向けのゲームである。そういう意味で「東方Project」自体の知名度は一概に高いとも低いとも言いがたいものがあるのだが、今回はローソンコラボということがランクインにつながったのではなかろうか。キャラクターに寄らず、ローソンコラボの記事はランクイン率が高くなっている。

そして今回の1位は『鬼滅の刃』×「明治おいしい牛乳」のコラボキャンペーンの情報。TVアニメも『遊郭編』に入り、一時期落ち着き気味だった『鬼滅の刃』人気もまた盛り上がってきている感はある。宇髄天元の人気は煉獄さんに並ぶほどになるだろうか?

今回のランキングはいかがだっただろうか。では次回のランキングをお楽しみに。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ