【2022年上半期の金運】12星座別「お金が舞い込んできそう」なのは誰?

ananweb

2022年のマネー事情も気になるところ! そこで今回は、12星座別に「2022年上半期の金運」を詳しくご紹介いたします。
【2022年上半期の金運】

■ おひつじ座

2022年上半期の金運は好調! ですが、この時期は自分のためではなく、家族のためにお金を遣うようにしましょう。

■ おうし座

今期の金運はあまりよくないようです。しかし、社交的になることで金運を上げることができるでしょう。

■ ふたご座

“新しいもの”が金運上昇を招く2022年上半期。新札を財布に入れるようにしたり、綺麗なコインをお守りにするといいでしょう。

■ かに座

この時期の金運は悪くありません。“お金を遣うとき”と“遣わないとき”のメリハリをつけることによって、金運が安定しそう。

■ しし座

2022年上半期の金運は、最高潮を迎えているようです。仕事や人間関係で落ち込むことがあっても、それらをすぐに忘れられるような大きな臨時収入を得られそう!

■ おとめ座

直感や感情ではなく、きちんと情報収集をしてから動くべきシーズン。そうすれば、お買い物などで得をする場面が増えそう。

■ てんびん座

2022年上半期は、未来の自分への先行投資をすべき時期。特に、自己研磨や自己啓発のためにお金を遣うといいでしょう。

■ さそり座

今期は昔ながらの商店街など、懐かしさを感じさせるスポットがあなたの金運をアップさせるきっかけに。古き良きものと出会うことができそうです。

■ いて座

普段から行っている節約の効果が目に見えて現れる時期。しかし、節約したいからといって、それを人に押しつけるのはやめましょう。

■ やぎ座

2022年上半期は、不要な物の処分の仕方に注意してみて。どこかに売るべきか、それとも処分すべきか、値段をよく比較したうえで決めるといいでしょう。

■ みずがめ座

セールに恵まれるシーズン。今まで欲しかった物が安く手に入るかもしれません。気になる商品があれば、手に取ってみるといいでしょう。

■ うお座

2022年上半期は全体運が良いため、気が大きくなってしまいそう。その結果、衝動買いをしてしまわないようにご注意を。

■ 金運プチまとめ

2022年上半期は、木星がうお座に入り海王星が順行していることから、自分自身の心の豊かさ、つまり富裕感を向上させることが金運アップのポイントになります。

みんなが欲しいから買う、ブランド的な価値があるから身につける、という行動からは心からの満足や豊かさは生み出されません。自分が最も納得のいく“こだわりの逸品”を選んだ方が、あなたの人生が豊かになるでしょうし、金運がさらに高まるでしょう。

自分がどう思うか、どうなりたいかを考えてお金を遣うことが、この時期のツキを呼び込むポイントです。

脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター株式会社ヒューマン・ライフ出版代表取締役社長、企業占術鑑定士、大学講師、秀心寺住職。会社との顧問契約による“星暦術”による鑑定を業とする。取締役7社・顧問先23社担当、経営・占術資格50種保有。TV等メディアでも活躍中、代表書籍は『生まれた日はすべてを知っている』。今冬、占い×手帳『まむすび』を出版予定。

(C)_chupacabra_/gettyimages(C)filadendron/gettyimages

■ 【おひつじ座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

価値のある商品に出会ったときには、それを家族にプレゼントしてみてください。そうすれば、家族に喜んでもらえるだけでなく、それを見たあなたにも大きな喜びが訪れるはず。

また、少しせっかちだけど情にもろく感激しやすいあなたは、金銭面でも頼られると断り切れない場合も。そんなあなたの金運アップのための秘訣は、たとえ親しい仲であっても“お金の貸し借りをしないこと”です。

そうすれば金銭トラブルが減り、次第にお金が貯まっていくはず。

■ 【おうし座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期に誘われた同窓会などの呼びかけには、積極的に参加してください。しかし、交際費の遣いすぎには注意が必要です。ケチと思われない程度に出費を控えておくのが吉。

また集中力が高く、じっくりと物事に取り組むことができるあなたには、定期預金などの堅実な運用がおすすめ。そんなあなたの金運アップの秘訣は、他人と自分を比較せずに“自分だけの貯蓄法”にこだわることです。

■ 【ふたご座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期は、財布を新しくするのにも向いています。財布を買い換えるなら、春が適したタイミングです。

また、二面性がありお調子者に見られがちですが、お金の管理はしっかりとしているあなた。そんなあなたの金運をアップさせる秘訣は、“貯めるよりも稼ぐことに重きを置くこと”です。

■ 【かに座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

2022年上半期は、公私のメリハリをつけることが大事。具体的には、職場の人と一緒にいるときにはケチらず、自分一人のときは控えめにするなどして、臨機応変にお金を遣うようにしましょう。

また、誰にでも親切ですが気分屋な一面もあるあなた。そんなあなたの金運をアップさせる秘訣は、“自分の感情をコントロールすること”です。衝動的にモノが欲しくなったときは、一旦我慢するようにしましょう。

■ 【しし座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期は、買ってあった宝くじの当選番号などを調べ直すといいでしょう。大金を手にするチャンスが隠れているかもしれません。

また、明るい性格のため周りにエネルギーを与えられるあなた。今期はそんなあなたのカリスマ性に惹かれて、人とお金が自然に集まってきそう。

さらに金運アップを目指したいのなら、“積極的に職場で目立つこと”を意識してみて。そうすれば、職場で評価されやすくなり、収入がグンとアップするかもしれません。

■ 【おとめ座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期はきちんと下調べをした方が、今だけのお買い得品を購入できたり、期間限定のサービスに巡り会えそう。さらに、後から損をしないためにも、店員さんの説明をしっかりと聞いて購入するのがおすすめ。

また、あなたは少し不器用なところがあるものの、着実に稼ぐことができるタイプ。そんなあなたの金運アップの秘訣は、“フットワークを軽くし関わる人間関係の幅を広げること”です。

■ 【てんびん座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期は、習い事を始めてみたり、資格の勉強を始めてみるのがおすすめ。ただ、集中力に欠けがちなので、まずは自分が何をしたいのかをしっかりと決めておくことが大事です。

また、そんなあなたの金運アップの秘訣は、“上質なものを選ぶこと”。安物買いは銭失いのもとです。品質にはこだわりましょう。

■ 【さそり座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期は、直感で購入しても損をすることはないでしょう。ただし、買ったものは大事にするようにしてください。

また、あなたは自分に厳しい部分と繊細さを併せ持っているため、謙虚過ぎるところも。そんなあなたの金運アップの秘訣は、“頑張っている自分を褒めること”です。そうすることで、あなたのやる気はさらにアップするはず。

■ 【いて座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

今期は、節約のしすぎにご注意を。たとえば、食事代がもったいないと言って友人の誘いを断ると、思わぬトラブルに発展してしまうかもしれません。節約したくなる気持ちも分かりますが、節度を持つことが大切です。

また、楽観的で何事にもまずは取り組んでみるタイプのあなた。そんなあなたの金運アップの秘訣は、“楽しいことをした後にクジを買うこと”。あなたの気分がいいときにお金はやってくるようです。

■ 【やぎ座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

不用品をネットオークションで売ろうと思っている場合、思うような値がつかない可能性があります。リサイクルショップに売るのか、それとも処分した方がいいのか、慎重に判断するようにしてみて。

また、クールに見られがちですが、仕事や貯蓄への想いは人一倍で、陰で努力しているあなた。そんなあなたの金運アップの秘訣は、“支出を見直すこと”。何に浪費しているのかを今一度知ることで、支出をグッと減らすことができそう。

■ 【みずがめ座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

欲しかったものが手軽な価格で売られていたのなら、思いきってその場で購入するのが吉。思いきった行動を取ることが、その後の満足感にもつながるでしょう。

また、その場の雰囲気を読むのが得意なあなた。そんなあなたの金運アップの秘訣は、“自分のことだけではなく周囲の人のことも手伝ってあげること”です。情けは人の為ならず。そうすれば、きっと金運が巡ってくるでしょう。

■ 【うお座】2022年上半期の「金運アップのポイント」

この時期は便利だから新しいものを買うのではなく、今あるものを使えなくなるまで使うことを心がけて。そうすれば、後々無駄な出費を抑えることができそう。

また、夢を叶えるパワーがある一方で、少し空想好きな性格のあなた。そんなあなたの金運アップの秘訣は、「失敗しそう」「できない」といったマイナスなイメージを頭の中から払拭すること。ポジティブなことにお金を遣うのが、金運アップのカギです。

文・脇田尚揮

当記事はananwebの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ