男性との会話が盛り上がらない「4つの理由」と意外に簡単な「4つのコツ」

ウレぴあ総研

友達とはいつも盛り上がる会話。それなのに相手が男性になると「いまいち長く続かない」と悩む女性は意外と多いものです。

緊張しているわけでもないのに、なぜか男性と楽しく会話ができない。恋が始まりそうなムードがないのはなぜなのでしょうか。

そこには男性のテンションが関係しているのかもしれません。今回は実際に男性たちに聞いた話をもとに、会話が盛り上がらない理由について注意点をお伝えします。

■会話が盛り上がらない「4つの理由」

■1:自慢話に聞こえる

「飲み会で一緒になった女性は、念願のブランドバッグを購入したと言ってたんですが、そのブランドのことをよく知らないし、お金もちアピールにしか見えなかった」(男性Mさん・21歳/アパレル)

その気はなくても、男性には自慢話に聞こえていることがあるので要注意です。

■2:過去の恋愛話

「元カレの話をしている女性は、あまり好きじゃないかな。別れた後だからって好き放題言われている彼氏に同情しちゃいます」(男性Uさん・31歳/公務員)

過去の恋愛話をすると男性から「この女性とは恋愛したくないな」と思われる可能性があります。自分はフリーだと言うことをアプローチしたい場合は、別の方法で伝えましょう。

■3:仕事で成果をあげた話

「女性が仕事を頑張っている姿には心を打たれます。でも『部長に気に入られている』と言ったり『私は仕事ができるからね』と言っている様子には、まぁまぁイライラします」(男性Hさん・37歳/公務員)

仕事で成果をあげた話は回りくどい言い方ではなく素直に「褒めて?」でいいかもしれませんね。

■4:一緒にいてあげてる感が満載

「やっとデートできたと思った女性に『私忙しいから』と言われたのはショックでしたね。一緒にいてあげてる感はやめてほしい。いくらなんでもイライラしたので、そこから会ってません」(男性Iさん・26歳/経理)

その気はなくても、男性にとっては「一緒にいてあげてる」と言う高飛車な様子に見えてしまうので要注意です。

■こんな会話なら男性とも盛り上がる「4つのコツ」

■1:自分に起きた話をする

誰かのことを貶したり、下げるような言い方は印象を悪くします。自分に起きた身の上話であれば、聞いていて不快な思いをさせることはありません。

何かを買ったと言う話は自慢に取られてしまうので、通勤時に見つけたお店や気になっている趣味について話してみましょう。

■2:一緒にいて楽しいことを伝える

自分に好意を抱いてくれている人に嫌な気持ちは抱かないものです。一緒にいて楽しいことを伝えると、男性も安心して話すことができます。

「自分を好きになってくれるかも」と思わせることで、あなたの話に身を寄せて興味を持ってくれるでしょう。

■3:共通の話題を作る

自分の身の上話にも限界があるので、男性も一緒に楽しめるようなスポットを知っておくと、男性との話に幅が出ます。共通の話題を作ることで、フックができ次に会った際もより会話を盛り上げることができます。

■4:男性の話をベースに掘り下げていく

男性の話をもとに掘り下げていくのもおすすめです。話すことがなくならずよりいい時間を過ごすことができるでしょう。

本来はふたりの話したいことが一つになる時間なのですから「一緒にいても話すことがない」と言うのはないはず。男性の「話したい」という気持ちを引き出してみてくださいね。



男性との会話を盛り上げるためには、話すネタを日頃から蓄積しておくといいでしょう。仕事ばかりではなく、自分の時間を大切にして趣味を増やすことも恋愛にはプラスに繋がりますよ。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ