米倉涼子は“新聞記者”のキャラクターをどう理解し、どう演じたかのか? Netflixシリーズ『新聞記者』場面写真6点を解禁

SPICE


配信中のNetflixシリーズ『新聞記者』から、米倉涼子の姿をとらえた場面写真6点が解禁された。

Netflixシリーズ『新聞記者』は、2019年6月に劇場公開された映画『新聞記者』を全6話のドラマとしてキャストを一新し、新たな物語として描いた作品。「新聞業界の異端児」と呼ばれる主人公の東都新聞社会部記者・松田杏奈を米倉涼子が演じ、映画版に引き続いて藤井道人監督がメガホンをとる。

また、綾野剛が若手官僚・村上真一を演じるほか、新聞配達をしながら大学に通う就活生・木下亮役で横浜流星が出演。自分の意思に反して改ざん作業を強いられる公務員・鈴木和也を吉岡秀隆が、和也の妻・真弓を寺島しのぶが演じ、吹越満、田口トモロヲ、大倉孝二、田中哲司、萩原聖人、柄本時生、土村芳、小野花梨、橋本じゅん、でんでん、ユースケ・サンタマリア、佐野史郎らがキャストに名を連ねている。


新たに解禁されたのは、米倉涼子演じる主人公・松田杏奈の様々な表情をとらえた場面写真。東都新聞記者の松田杏奈は、同調圧力に屈せず、政権の疑惑を追及する人物で、様々な葛藤や孤独を抱えたキャラクターだという。
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中

映画版に引き続き、Netflix版『新聞記者』でも、東都新聞編集局のシーンについては、東京新聞編集局で撮影が行われた。当初、藤井監督は、映画版と同じ場所での撮影に抵抗を覚えていたが、編集局の窓から国会議事堂が見えるロケーションや、本の積まれ方といった新聞社ならではの雰囲気などから、最適なロケ地として再認識。
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中

一方の米倉は、藤井監督から手渡された約2,400字の松田のバックボーンについてのキャラクターシートを何度も読み込み、そこから髪型を作り上げた。また、米倉は監督とともに東京新聞へ事前に出向き、同年代の記者に「どんな靴を履いていますか?」「どんなバッグを持っていますか?」「ネイルはどれくらいしますか?」といった細かな質問を投げかけ、記者たちの仕事ぶりを何時間も観察しひたすらメモに落とし込んでいったという。
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中
Netflixシリーズ『新聞記者』 Netflixにて全世界同時独占配信中

Netflixシリーズ『新聞記者』はNetflixにて全世界同時独占配信中。

当記事はSPICEの提供記事です。