秋葉原で売れ残っていた「2000円福袋」 中には2万円超のレアグッズが…

しらべぇ




神田明神のお膝元として初詣客で賑わう東京・秋葉原。5日にもなると各店福袋がすでに完売していたが、ホビーショップ「リバティー」で奇跡的に残っている福袋を発見。早速開封の儀を行った。

画像をもっと見る

■「予想通りにがっかり」な福袋




秋葉原に6店舗展開するリバティーは、フィギュア、プラモデル、ミニカー、鉄道模型、アニメグッズ、アイドルグッズなどを取り扱う中古販売店で、まさに今まで続くアキバカルチャーを体現する店である。



そんなリバティー2号店で複数の福袋を発見した記者は、1袋2,000円とお手軽な商品を購入。



パッケージには「鬱袋(うつぶくろ)」という商品名のほか、「秋葉原名物─Akiba’s Memory(アキバズメモリー)─」「アキバ土産」と大スケールなキャッチフレーズが記されている一方で、「開けて“がっかり”してください…」「予想通りにがっかりです…」というパワーワードも。これは期待大である。

関連記事:スタバ「2022年福袋」は使える商品が続々 ミニブランケットには意外なギミックが…

■これはスターダストメモリー…!




中を開けると大小さまざまなアニメ系、アイドル系、映画系グッズが飛び出した。



まずは『鬼灯の冷徹』、『ヱヴァンゲリヲン』の缶バッジ6個。作品ファンでもないアラフォー記者には手に余る代物だ。



続いて『ディズニー ツイステッドワンダーランド』アズール、『Re:ゼロから始める異世界生活』レムの小型フィギュア。リゼロはかろうじて守備範囲内だが、ツイステは未知の世界。ここまでは見事にがっかりがだいぶ先行している…さすがだ! 説明書きに偽りなし。



続いてここからはアイドル&ライブ系。まずはAKB48、チームK・佐藤亜美菜、同じくチームB・小嶋菜月のリストバンド。

やったー! みーなとなっつんだ! AKB総選挙における徳光和夫の読み上げボイスが脳内にこだまし自らを奮い立たせようとしたが…佐藤は2014年にAKB卒業、小嶋は18年に卒業した後21年に芸能界も引退している。地獄かよ…!

そして「マクロスクロスオーバーライブ2019」ペンライト…。いずれも袋にそっと入れ直した。

■価値20,000円超えアイテム?




そして最後にお宝が待っていた。全長30cm程度はある「スターウォーズ 3DデコルームライトBB-8」!

ネットで調べてみると国内通販サイトでは約10,000円、海外通販のアリエクスプレスでは20,000円ほどで販売されている代物で、壁に貼り付けると立体的にかたどられたBB-8がライト代わりになるというファン必携アイテム。

箱がついていないのでコレクションにはならないが、やっとここでポテンシャルの高いアイテムが入っていた。キター! 今日から私がお前の父親だ!

■やっぱり裏切らない




商品には、壁に貼り付けるステッカーと、ご丁寧に説明書と打ち付け用ネジまでついている。



まずは説明書を読む。英語、ドイツ語、フランス語とそれぞれ説明があって大変丁寧だ。さすがスターウォーズ。インターナショナルな人気を誇る作品である。



しかし…何枚めくっても日本語の説明が一切ない。アラビア語やヒンディー語らしきものまで合計16言語もあるのに日本は完全にスルー。

イラストを見ても、空高く商品を投げている絵が書いてあり、投げるのが正解で、投げないのが不正解のようにしか見えない。もう意味わからない。

「まあいい、こんなものに説明はいらない」と壁に打ち付け、いざライトアップを実行することにした。



部屋を暗くし、宇宙空間にいるような感覚になると胸高鳴らせて点灯させたが、なんと発光するのは頭部の一部分だけで、しかもおばあちゃんちの豆電球くらい微弱で脆弱な光。部屋は明るくなるどころか、完全にダークサイドなままだった…。

と、中身チェックはここまで。最後にまとめると2,000円とは思えないほど「色々なことを考えさせられる」クールでストロングな構成だったといえる。さすがアキバの雄・リバティーである。

当記事はしらべぇの提供記事です。