『赤口』正しくはなんと読む? 20代以下の約6割が誤読していた…

しらべぇ




カレンダーに小さく書かれていることが多い「六曜」。暦注のひとつであり、冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用される。そんな六曜の中には、多くの人が誤読しているものがあるようだ。

■「赤口」なんて読む?


Sirabee編集部では、全国10~60代の男女410名を対象に「赤口」の読み方について意識調査を実施した。



その結果、全体の34.6%が「あかぐち」、65.4%が「しゃっこう」と読んでいると回答。ちなみに赤口は、火の元や刃物に注意すべき日とされており、「凶日」に区分けされる。

関連記事:『年俸』正しくはなんと読む? およそ3割もの人が“誤読”していた…

■正しい読み方は…


なお、赤口の正しい読み方は「しゃっこう」。じつに、4割近い人が誤った読み方・呼び方をしていたことになる。

赤口は、公事・訴訟・契約などにおいて凶日とされており、引越しやお見舞いをするには良くない日とされている。一方、お祝い事に際して大凶とされているため、葬儀に関しては関係ない。

■占いの一種


ちなみに、六曜は「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6種類。それぞれ吉凶に対応する物事や時間が決まっている。

結婚式を行なう日は大安にしたり、葬儀を行なう際は「友を引く」ことから「友引」を避ける傾向にある。これらは占いの一種であるため、気にしすぎも良くないが、冠婚葬祭を行なう際のひとつの指標にするのもいいかもしれない。

■世代間で大きな差


今回の調査の結果を年代別に見てみると、30代以上は6割を超える正答率となっているのに対して、20代以下は4割程度と世代間に大きな差があることがわかる。

そこで今回、10代の女性に取材を敢行。すると「パッと見、『あかぐち』か『せきぐち』かなと思ってました」とコメント。続けて「大安とか仏滅とかは聞いたことがあるけど、正直『赤口』って聞いたことがないですね。結婚式への参列経験などもないので、余計知らないです」と話していた。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ