日常の習慣を見直して無理なく痩せる! すぐ始められるプチダイエット9つ

ウレぴあ総研

年齢を重ねて、体型や体質が変わり、以前よりも痩せにくくなった、と悩んでいる女性は少なくないのではないでしょうか。

今回は、普段の生活で気をつけるだけで痩せる、日常に取り入れられるプチダイエットについてご紹介します。

■普段の生活で気をつけるだけで痩せる!? 日常にとり入れられるプチダイエット

■1:エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う

エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うことはプチダイエットになります。

体重50kgの人が階段を10段のぼると消費カロリーは約1kcal程度ですので、疲れるわりに大したカロリー消費にならないと思いがちですが、階段の昇降は軽いジョギングと同じ程度の運動強度であるといわれています。

コロナ禍の今、リモートワークなどで体を動かす機会は減っていますので、細切れでも有酸素運動をすることは効果的です。

■2:一駅歩く

ウォーキングは、運動習慣のない人、スポーツが苦手な人が手軽に習慣化しやすい運動方法のひとつ。

ウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして使うため、脂肪が燃えやすい運動でもあります。

また、ウォーキングは食欲を抑制してくれる効果も! よく歩くことで食べ過ぎの防止にもつながります。

通勤や外出した際に、一駅手前で電車を降りて歩くことを続けてみましょう。

■3:3食のバランスは昼食を一番多く食べる

1日3食のうち、昼食を一番多く食べることがダイエット効果が高いといわれています。

昼食をたっぷり食べることによって、夕方に小腹が空いてしまい、間食で暴飲暴食してしまうことも防ぐことができます。

その分、夕食は野菜を中心にするなど工夫すればより効果的です。

■4:夕食は炭水化物を控える、または減らす

近年炭水化物抜きダイエットが流行していますが、炭水化物をまったく食べない、ということはしんどいですよね。

ですので、日中に比べて活動量が減る夜に炭水化物を控える、または減らすことを意識してみましょう。

炭水化物はエネルギー源になる栄養素ですので、夜に摂りすぎると消費しきれないこともあります。また、炭水化物を抜くことは血糖値の急上昇を防ぐことにもつながりますので、夕食での脂肪の蓄積を抑えることにもなり、一石二鳥です。

■5:目的なくコンビニに寄らない

近年のコンビニは、惣菜だけでなくスイーツのクオリティも上がっていますよね。そのため、ついコンビニに寄ってしまうと余計なお菓子なども買ってしまうことがありませんか?

自宅にお菓子がなければ食べることができませんので、目的もなくなんとなくコンビニに寄らないことを意識すれば、お菓子を買うことも防ぐことができます。

■6:お風呂に浸かる

お風呂に入ることもダイエット効果が期待できます。

お風呂に入ることで体の芯から温まることによって汗をかきますし、全体の代謝がアップして基礎代謝量もアップする効果があります。

お風呂に入ることによって、効率よく脂肪を燃焼する体につながります。

特に寒い時期は体が冷えやすくなるので、シャワーで済ませるのではなくお風呂に浸かって体を温めることを意識することが大切です。

■7:ジュースなどの甘い飲み物を水に変える

水を飲むことによって、代謝が促進されますし、汗をかくことから老廃物が流されますので、ダイエットをしている時には、水をたくさん飲むことが推奨されます。

特にジュースなどの甘い飲み物は高カロリーですので、飲み物を水にするだけでダイエット効果は抜群!

水はカロリーがありませんので、水を多く飲んでも太りませんし、美肌効果も得ることができます。

普段摂る水分を水に変えるだけで体重が減少した、ということもよく耳にしますので意識してみましょう。

■8:間食を変える

間食をする時は、市販のお菓子ではなく、ナッツやドライフルーツ、サラダチキン、ゆで卵、干し芋などに変えてみましょう。

サラダチキン、ゆで卵は高タンパクですのでダイエット中に最適な食べ物です。

フルーツは腸をきれいにするといわれていますが、たくさん食べることが難しいので、果物の栄養素がぎゅっと詰まったドライフルーツがおすすめ。

ナッツはカロリーは高いですが、糖質制限をしている時にはエネルギー補給になり、糖質が少なく、ダイエットを促すオメガ3脂肪酸やビタミンEなどの栄養素が多く含まれています。

ドライフルーツは砂糖不使用、ナッツは食塩不使用のものを選ぶのもポイントのひとつです。

また、すべて食べ過ぎてしまっては効果がありませんので注意してくださいね。

■9:食後にすぐ歯磨きをする

これは筆者の経験談なのですが、歯のホワイトニングをした直後から、食後に歯磨きをすぐするようにしていたところ、自然とダイエットにつながりました。

ダラダラ食べることもなくなりますし、食後に歯磨きをすると口がリセットされたような気持ちになり、何かを食べたい、と思う気持ちがなくなります。

食後にデザートなどをつい食べてしまう、という方には特におすすめです。



日常のちょっとしたことに気をつけるだけで、ダイエットにつながる行動はたくさんあります。

ダイエットは継続することが何よりも大切です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ