身長152cmで体重44kgを長年キープ。減量&体型キープに直結【簡単ダイエット習慣】

beauty news tokyo


「自分の骨格や筋肉量を踏まえたベストな体型をめざすこと」がダイエットの理想形。そこで参考にしたいのが、そんなベストな体型を長年キープし続けていることで知られるコートニー・カーダシアンです。身長152cmで体重44kgを長年キープするコートニーが実践している【簡単ダイエット習慣】をチェックしてみましょう。

「ダイエット効果が高い」と評判の食事法を実践


コートニーが実践するダイエット法の1つが「低糖質ダイエット」。低炭水化物、高プロテイン摂取を心がけるダイエット法のことで“痩せる”と評判を呼ぶダイエット法です。

その内容は「炭水化物の摂取を最小限に抑えて、穀物、豆類、豆科の植物はNG。食事はフレッシュな野菜と脂肪分の少ないプロテインを中心にメニューを組む」というものになります。

また、定期的に「プチ断食も行う」というコートニー。このダイエット法は「前日の夕食と朝食の間を14~16時間空ける」というもので、例えば夜7時に夕食を食べ終えたら、翌日は午前9時以降に食事をするというもの。内臓をきちんと休ませることで、代謝の良い状態をキープしていくことが目的になります。さらに体調と相談しながら、手づくりのボーンブロスと水、グリーンティーしか飲まない日を週1回作ることもあるそうです。

体幹&腹筋を強化する運動を実践


もちろん運動も習慣的に行っているコートニー。特にスッキリとした美腹を保つために欠かささないというのが体幹トレーニングの定番「プランク」です。

実践時のポイントは両腕は肩の下から真っ直ぐに床に立たせることとのことで、「1分間行ったら30秒休み、再び1分間行って30秒休み…」というセットを1日に数回繰り返し行っているそうです。

さらに、両ひざをつけたままローラーをコロコロとスライドさせるだけで腹筋運動ができる「腹筋ローラー」を使用した運動も実践。「10回を1セットとして1日に4セットを目標に行っている」と明かしています。

日々の忙しさや誘惑に負けることなくコートニーが実践するダイエット習慣を真似するのは相当に強い意志が必要ですが、その成果はコートニー本人が証明しています。ぜひ参考にして、減量や体型キープに強い気持ちで取り組んでいきましょうね。

当記事はbeauty news tokyoの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ