ヨーカドー「ボンカレー福袋」がお得 ボンカレーはどう作ってもうまいのだ

しらべぇ


2021年ももうすぐ終わり。福袋を年末年始に買いこむ人も多いと思うが、地味に買っておくといいのが保存のきくカップ麺やレトルト食品の福袋。

画像をもっと見る

■ボンカレーが入った福袋




イトーヨーカドーでは多くのメーカーの福袋が販売しているが、ブラックジャックが「どう作ってもうまいのだ」と絶賛した、国民的レトルトカレー・ボンカレーが入った福袋も販売されている。値段は1000円と安価だが、気になる内容は…。

関連記事:バナナマン設楽のカレーライスが激ウマすぎて衝撃 今までに戻れないかも…

■定番のゴールドは3種




まず入っていたのは、ボンカレーゴールドの甘口・中辛・辛口の3種類。辛口はパパ、中辛はママ、甘口は子供と、家族で食べ分けられるのも嬉しい。

ちなみに、Amazonでは1つにつき142円で販売。3つで426円ほどになる。

■高級版・ネオもしっかりと




次に、ボンカレーのセレブ版ともいえる「ボンカレーネオ」も辛口と中辛の2種が入っていた。こちらはAmazonで258円。ボンカレーゴールドと合わせると、942円になる。

■カロリー低めなマイサイズも




最後に、100キロカロリーとダイエットに嬉しいマイサイズシリーズも3種。こちらはAmazonで119円で売られていたので、すべて合わせると1299円になり、約300円単品で買うよりお得になる。

■カレー好きなら買い




レトルト食品は保存がきくので、カレー好きなら数袋買ってもいいレベルのお得さ。個人的にはボンカレーの最上位「The ボンカレー」が入っている高級版も欲しかったが、これでも十分満足だ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ