桜井ユキの初写真集に“怪演”現場で「どういう気持ちで見たら…」 憧れの女優は「樹木希林さん」 

デビュー10周年を迎えた女優の桜井ユキ(34)が26日、自身初となる写真集『Lis blanc(リス・ブロン)』の発売記念イベントを都内にて開催した。2クールで放送中の日本テレビ系ドラマ『真犯人フラグ』では“怪演”を見せている桜井だけに、露出が高めの写真に男性プロデューサーは戸惑っていたという。

2019年『絶対正義』(東海テレビ・フジテレビ系)ではサバサバしたジャーナリスト、同年『G線上のあなたと私』(TBS系)では控えめで儚げなバイオリン講師、2020年『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(フジテレビ系)では仕事を淡々とこなすベテラン薬剤師…と出演作の一部を挙げただけでもさまざまな役をこなしてきた桜井ユキ。さらに放送中の『真犯人フラグ』では行方不明となっている相良真帆(宮沢りえ)のママ友・菱田朋子を演じているが、尋常ではない行動ぶりでその怪演も注目されている。

素顔がなかなか見えてこない桜井だが、22日発売『桜井ユキ ファースト写真集「Lis blanc」(リス・ブロン)』が興味深いのは、生まれ故郷である大分や青春時代を過ごした地元福岡など本人にとってゆかりのある数々の地をめぐり、これまでの半生を振り返るように撮影された点。また自然体でナチュラルな表情や無防備な姿が撮り収められているため、同書には桜井の素顔を知るヒントがちりばめられていそうだ。収録された全カットは、桜井自身の美肌を生かした“ほぼすっぴん”の素肌メイクだという。

この写真集を見た『真犯人フラグ』の共演者たちの反応を聞かれた桜井は、「チラッと漏れ聞こえてきたのは、肌の露出が高めな写真も多いので、男性プロデューサーの方たちが(恥ずかしそうに)『どういう気持ちで見たら良いかわからない…』とおっしゃってました」と笑って明かした。そして「でも『いい写真集だった』とお褒めの言葉もいただきました」と続けた。

また目標とする憧れの人について「樹木希林さん」と答えた桜井ユキ。「樹木希林さんがとても好きで、尊敬している役者さんの一人です。圧倒的な説得力というか、樹木さんの作品を初めて見たときに『こういう方を目指したいな』と初めて思ったんです。今はまだまだ努力が必要ですし、とても恐れ多いのですが『こういう役者さんになりたい』と思いました」と語る。「何かのインタビューでおっしゃられていたのを拝見したのですが、『役者は、女性として歳をとることに抵抗を持ったら終わりだ』というようなお話をされていたんです。さらに『どうして私にこういう役がたくさん来るのかわかる? 私が普通のおばさんだからよ』ということもおっしゃられていて、すごく胸に響きました」と感銘を受けたそうだ。

今年を「怒涛の一年でした」と振り返った桜井は、来年は「私の憧れの大好きな女優さん・樹木希林さんにあと一歩でも、半歩でも近づけるように、役者として、一人の女性として精進していけたらと思っています」と意気込んだ。

イベントでは、桜井ユキが写真集「Lis blanc」を購入したファンと「お話し会」という形で交流。ファンとの交流は初めてであり、桜井と対面したファンは大興奮、桜井もファンからの応援コメントに感動し、ともに忘れがたいイベントとなったようだ。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ