新春ドラマ『義母と娘のブルース』 亜希子のウエディングドレス姿を初公開

しらべぇ




1月2日よる9時より放送の『義母と娘のブルース2022年謹賀新年スペシャル』(TBS系)で、綾瀬はるか演じる主人公・亜希子のウエディングドレス姿の写真が公開された。

■人気漫画が原作


同ドラマは、桜沢鈴氏による同名の4コマ漫画が原作。

主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子(綾瀬)は、先妻を亡くし余命宣告された男性・宮本良一(竹野内豊)に突然プロポーズされ結婚することになる。

関連記事:新春ドラマ『義母と娘のブルース』 福澤朗・山本未來ら追加キャスト発表

■本物の家族以上の家族の絆


良一の連れ子である8歳の娘・みゆき(子供時代・横溝菜帆)の母となり、今まで縁がなかった家事やママ友との付き合いという未知の世界に足を踏み入れた亜希子は、娘のために一生懸命に奔走。

やがて良一は亡くなってしまい、血のつながらない義母と娘、周囲の人々によって繰り広げられる「本物の家族以上の家族の絆」を描いた物語だ。

■叶わなかった3人の家族写真


いよいよ『2022年謹賀新年スペシャル』の放送が迫り、このたび初公開となった1枚の写真。そこには、亡き良一の写真を抱いたみゆき(上白石萌歌)と、ウエディングドレス姿の亜希子の姿が。

2018年に放送された連続ドラマの第5話で、良一と一緒に撮ることが叶わなかった家族写真だが、今回のスペシャルではそのシーンが見られるかもしれない。

12月31日と1月2日の2日間に渡って、その第5話も含めた連続ドラマ全話と、『2020年謹賀新年スペシャル』が一挙放送されるので、要チェックだ。

■どんなブルースが奏でられるのか


今回放送の『2022年謹賀新年スペシャル』は、亜希子が再建した企業が、亡くした夫そっくりのハゲタカ・岩城(竹野内・二役)に乗っ取られるという、前回のスペシャルでの衝撃的な展開の直後からスタート。

ハゲタカへリベンジしたい気持ちと、夫そっくりの男への複雑な感情の間で揺れ動く亜希子。そんな義母を娘のみゆきは成長した大人のまなざしで見守っていく。

義母と娘、そして周りにいる個性豊かな大人たちは、どのようなブルースを奏でるのか。新春を飾る『義母と娘のブルース 2022年謹賀新年スペシャル』に注目だ。

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ