古川雄大主演の『シラノ・ド・ベルジュラック』 スタイリッシュでシンプルなメインビジュアルが解禁

SPICE



2022年2月に東京・東京芸術劇場 プレイハウス、大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TT ホールにて上演される、舞台『シラノ・ド・ベルジュラック』のメインビジュアルが発表された。

本作は17世紀フランスに実在した詩人にして、剣豪で、勇気のあるシラノを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲。壮麗で高潔無比で自由な精神を持つシラノの永遠の愛の物語は、1897年の初演以来、世界中でたくさんの人を魅了してきた。2019年秋~2020年までロンドンのプレイハウス・シアターでジェイミー・ロイドの演出によって上演された際に、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされ、前代未聞の全く新しい『シラノ・ド・ベルジュラック』が誕生。ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞し、世界中から絶賛された、このマーティン・クリンプ脚色版の傑作を谷賢一演出により今回、日本で初めて上演する。

完成したメインビジュアルは、飾らない服装でとてもスタイリッシュなシラノを初め、シンプルで新たな『シラノ・ド・ベルジュラック』の誕生を予感させるようなものになっている。

主演の古川雄大のほか、才色兼備のロクサーヌを演じる馬場ふみか、美しいが口下手なクリスチャンを演じる浜中文一、シラノの宿敵であるド・ギーシュ役の堀部圭亮、ロクサーヌを支えるマダム・ラグノ役の銀粉蝶ら、華と実力を兼ね備えるキャストが集結。演出の谷曰く、本作品は“言葉で戦う演劇”。その言葉は、セリフだけでなく、ラップという表現を使って気持ちを綴り、それぞれの魂をぶつけ合う。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ