佐藤優樹、モーニング娘。最後のテレビ出演 現役組が“憧れ”の歴代メンバーを語る

クランクイン!

 モーニング娘。’21が、24日放送の音楽番組『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系/毎週金曜23時放送)に出演。12月13日に東京・日本武道館で行った2年ぶりとなるグループ単独ライブで卒業をした佐藤優樹が、モーニング娘。として最後のテレビパフォーマンスを披露した。

結成24年、女性アイドルグループとして史上歴代1位となる活動年数をはじめ、数々の最多記録をもつモーニング娘。’21。現在のメンバーは譜久村聖、生田衣梨奈、石田亜佑美、佐藤優樹(12月13日で卒業)、小田さくら、野中美希、牧野真莉愛、羽賀朱音、加賀楓、横山玲奈、森戸知沙希、北川莉央、岡村ほまれ、山崎愛生。

モーニング娘。ならではの魅力について聞くと、小田は「モーニング娘。は、歌やお芝居など何でもやらせていただけるなか、アイドル活動こそが本業なので、そこはしっかりとやっていかなきゃと思っています」とストイックな回答。牧野も「他のアイドルにはない歴史が魅力だと思います。先輩方が作ってくれたからこそ今があるので、グループの名前を汚さないように頑張りたい」と殊勝な答え。横山はグループの強みについて「カッコよさが強みだと思います。つんく♂さんによる楽曲と私たちの歌とダンスは、どのグループにも負けません」と力を込めた。

続いて、誰に憧れてグループに入ったかという話題に。最も票を集めたのは高橋愛。小田は、「高橋さんが”モーニング娘。=キレキレパフォーマンス”というイメージを作ってくれたのだと思います」と語ると、北川も「ライヴでのパフォーマンスが本当にかっこいい。男っぽさにグッときます」と続く。また高橋さんのカッコよさは私生活にも及ぶと、譜久村も「すごく優しくて、人の気持ちに寄り添ってくれます」とリスペクト。生田も「私は歌が上手な方ではないのですが、そんな私に『今日の私の歌どうだった?』って聞いてくれて。しかも卒業してからも必ずコンサートに足を運んでくれるんです」と説明した。

2番目に票を多く獲得したのが道重さゆみ。石田が「バラエティ番組で毒舌とかしていたけど、それは全てモーニング娘。というグループを世間の方に知ってもらうためだったって。それほど”モー娘。愛”が強い方なんです」と明かすと、牧野も「私にとっては永遠の憧れです。2014年の卒業ライヴでの道重さんがすごくかっこいいんです」と力説。

3番目は鞘師里保がランクイン。森戸が「それまでのアイドルはキラキラかわいいという感じだったけど、鞘師さんは踊りもすごく上手でした。鞘師さんを見てオーディションを受けることを決めました」と言えば、加賀も「アイドルなのに歌もダンスも上手でアーティストみたい」と称えると、野中も「2014年の秋のコンサートツアーでのパフォーマンスがすごいんです。当時16歳とは思えません!」と大絶賛。

「私は、佐藤優樹さんに憧れてオーディションを受けました」と言ったのは、年少メンバーの岡村。これに対し佐藤は「ドキドキしちゃいますね(笑)。褒められすぎて天狗にならないように気をつけます」と喜んだ。

さらに、もう一人の年少メンバーである山崎は小田の名前を挙げ、「とにかく表現力がすごいんです。今日もキラキラしています」とファンのようなコメント。これに小田は「自分も後輩から憧れられる存在になったんだなと実感します」としみじみ。

続いてのテーマは、モーニング娘。であるがゆえに、越えなければならない壁について。「ファンの皆さんが抱いているイメージを壊したくないので、常にカッコよくありたいんです」と北川が語れば、「パフォーマンスはかなりハードで大変ですが、ジムに通ったりするなどトレーニングをしています。あとは気合い(笑)」と小田もストイックな発言。さらに生田も「モーニング娘。に入る時に『オーディションに落選した9000人の気持ちを背負っているんだから頑張って』って言われました。その気持ちは忘れずにやっています」と語ると、羽賀は「家での自主練は、どのアイドルよりも多いと思います」とアピールした。

モー娘。最後のテレビ番組出演となる佐藤が、「サイン、コサイン、メンタイコ! 『Teenage Solution』!」と曲振りをして、新曲「Teenage Solution」をパフォーマンス。さらに「恋愛レボリューション21(updated)」と「What is LOVE?」のスペシャルダンスメドレーを緑、赤、白をベースにしたクリスマスカラーのセットで披露した。

※山崎愛生の崎はたつさきが正式表記。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ