小林聡美主演、松重豊共演で贈る大人のおとぎ話『ツユクサ』発表 監督は平山秀幸

クランクイン!

 女優の小林聡美が主演を務め、俳優の松重豊が共演する映画『ツユクサ』が、2022年のゴールデンウイークに全国公開されることが決定。併せて場面写真が解禁された。

隕石(いんせき)が人間に当たる確率は一億分の一。本作はそのあり得ない出来事に遭遇した主人公・五十嵐芙美に訪れる小さな奇跡の物語をさわやかに描き切る、大人のおとぎ話のような物語。監督は平山秀幸。

主人公の芙美(小林)は、港のある小さな町で気の良い仲間たちとおひとり様ながらも健やかな日々を送っていた。しかしある夜、どういうわけか車の運転中に隕石にぶつかるというあり得ない出来事に遭遇する。その日を境に、芙美はうんと年の離れた小さな親友・航平(斎藤汰鷹)とのたわいもない時間や、この田舎町に越してきた気になる男性・篠田吾郎(松重)との運命的な出会いを通じ、生きていく中でのささやかな幸せを見つけていく。

場面写真では、緑あふれる小さな町の漁港で、晴れ晴れとした表情で大きく両手を開いてジャンプしている芙美が映し出されており、懸命に生きる彼女の今、そして年齢に関係なく明日の幸せに向かって一歩を踏み出そうとする姿が表現されている。

平山監督は「とにかく明るい物語を作りたいと、その想いでこの作品を作りました。『ツユクサ』は、日本の田舎のどこにでもある物語。観て頂くそれぞれの方に、自由に映画の世界を感じて頂きたいと思います。ゆっくりと、是非劇場で、ご覧ください」と本作に込めた思いを語った。

映画『ツユクサ』は、2022年のゴールデンウイークに全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ