新スーパー戦隊は桃太郎がモチーフ!『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』誕生

クランクイン!

 スーパー戦隊シリーズの次の作品『暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ』が、テレビ朝日系にて2022年3月6日より毎週日曜9時30分に放送されることが決まった。

現在放送中の『機界戦隊ゼンカイジャー』のように“ジャー”がつかない作品は、『特命戦隊ゴーバスターズ』(2012~13年)以来10年ぶり。

また、番組ロゴや、おでこに桃があしらわれた《新レッド》のビジュアルからも分かるように、本作のモチーフとなるのは、誰もが知っている昔話『桃太郎』。新たなヒーロー・ドンモモタロウ(レッド)が、桃太郎同様に“お供”と一緒に強大な敵に立ち向かっていく姿を描く。

本作のヒーロー・ドンモモタロウ(レッド)は、織田信長をほうふつさせるような勢いのあるキャラクター。生まれてすぐ、桃の形のカプセルに乗せられて飛来したという過去を持つ。

そんなドンモモタロウと共に敵に立ち向かうのは、サルブラザー(ブルー)、イヌブラザー(ブラック)、キジブラザー(ピンク)といった桃太郎のお供“猿、犬、キジ”をイメージしたメンバー。さらに、鬼をイメージしたオニシスター(イエロー)もいて…。

そして、このヒーローの最大の特徴といえるのは、5人5様の個性的な体形。頭に“ちょんまげ”を結ったドンモモタロウを筆頭に、“ツノ”が生えたオニシスター、筋骨隆々で“マッチョ”なサルブラザーと、見た目のインパクトも絶大だ。さらに、イヌブラザーが全長100cmの“3頭身”キャラなのに対し、キジブラザーは全長220cmとひときわ“長身”なスタイル。このように、5人が勢ぞろいすると、スーパー戦隊シリーズ史上、類をみない《凸凹シルエット》になるのも注目ポイントのひとつだ。

脚本を務めるのは井上敏樹。平成仮面ライダーシリーズのメインライターとして知られる井上だが、スーパー戦隊シリーズでメインライターを務めるのは『鳥人戦隊ジェットマン』(1991~92年)以来、約30年ぶりとなる。

演出は、『魔進戦隊キラメイジャー』(2020~21年)で約22年ぶりにスーパー戦隊シリーズに参加、現在放送中の『機界戦隊ゼンカイジャー』も手掛ける監督・田崎竜太が担当する。

さらに、2022年1月9日放送の『機界戦隊ゼンカイジャー』(第42カイ)に、ドンモモタロウがサプライズで先行登場することも決まった。ドンモモタロウらがヒーローになる変身銃《ドンブラスター》は、『ゼンカイジャー』に登場する《センタイギア》も読み込めるようで…。それだけでなく、ドンモモタロウが駆るスーパーバイク《エンヤライドン》は、『ゼンカイジャー』のゼンカイジュランと合体して巨大ロボに…? スーパー戦隊シリーズではかつて『電子戦隊デンジマン』(1980~81年)→『太陽戦隊サンバルカン』(1981~82年)で人気敵キャラ・へドリアン女王が連投した例があった。約40年ぶりに、今度はヒーローサイドでそうしたことが起こるのか? そんな謎の一端も明らかになるかもしれない。

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、テレビ朝日系にて2022年3月6日より毎週日曜9時30分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ