多部未華子「人生で一番大きな出来事になった」第一子誕生で環境激変

クランクイン!

 女優の多部未華子が18日、都内で実施された映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』の公開記念舞台あいさつにムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)とともに登壇。“今年の漢字二文字”は「環境」だと答え、3月に第一子を出産したことは「人生で一番大きな出来事になった」と述べた。

本作は、全世界で600億円超の興行収入をあげ、2018年に公開された日本でも興行収入34億円超の大ヒットを記録した『ボス・ベイビー』の続編。前作から25年後の世界を舞台に、ボス・ベイビーたちが新たなミッションに立ち向かう様を描く。

ベイビー社から派遣されたトップ諜報員ボス・レディを演じた多部は今回、洋画吹き替えに初挑戦。振り返って「本当に緊張しました。すごくまくし立てて喋る活発な役だったので大変だったけど、楽しくやらせてもらいました。登場シーンはスピード感ある女の子で、慣れるまで時間かかりました」と話した。

イベント内では、それぞれが“今年の漢字二文字”を発表。多部は「環境」と回答し、第一子を産んだことに言及。「今年子供が産まれた。それが一番自分のなかで…むしろ人生で一番大きな出来事になった。環境が本当に変わって、同じ道を歩いていても、世界が違って見えるようになった」と話し、「自分が子供を産んで、全赤ちゃんがかわいく見えてしかたなくてしかたなくて。この映画を見たときも、出てくる赤ちゃんがかわいくてかわいくて…」と笑みをこぼした。

ボス・ベイビーを演じたムロは「01」と答えて「去年いろんなことが変わり始め、2021年になってからずっと頭のなかで『01』『01』と唱えていた。まずは1回目何かをやろう、何かを始めようと」とチャレンジの一年だったことを説明。たまらず石田が「みんな気になってると思うけど、そもそも漢字ちゃうやん」とツッコミを入れると、ムロは「そういったルールも破っていこうぜ。守るだけじゃない。破っていこうぜ!」と開き直って会場の笑いを誘った。

またジャニス役の乙葉は、宮野演じるティムの想像力の素晴らしさに触れて「我が家も毎日想像のなかで生きているような感じ。朝食とかも、喫茶店みたいに、いろんな役になりきりながら過ごしたりしている。生活する上で物語になったりしていて、とても楽しく過ごせる一つかな」と明かしていた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ