松本人志、マスクは“顔パンツ”説からざわちんとの共演を想起「マスクとれ、という話になった」

日常的にマスクをつける状況が続き、「下着と同様」という意味からSNS上で“顔パンツ”と呼ぶ傾向があるそうだ。12月12日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で話題に取り上げたところ「コロナ禍が落ち着いたらマスクをとるか、とらないか」というトークになり、松本人志が以前にタレントのざわちんと共演した時のハプニングを思い出す一幕があった。

司会の東野幸治は、2年ほど前から一緒に仕事をしているプロデューサーがマスクを外した姿を久々に見て「鼻がめちゃでかかった」ことに気づいたという。入社2年目の渡邊渚アナウンサーは周りがマスクをつけている環境で仕事をしてきたので「マスクをとったらイメージと違ってびっくりすることがある」と明かせば、ワイドナティーンの白本彩奈はマスクをとった瞬間に周りがちらりと見て「えっ」と意外そうにする雰囲気を感じるそうだ。世間でもそのような体験は少なくないのか「マスクを人前でとることができない」という声が増えているらしい。

一連のトークに耳を傾けていた松本人志は、似たような状況に覚えがあるという。かつて『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)にタレントのざわちんがゲスト出演した時のことを振り返った。

ざわちんと言えば、マスクを使った“ものまねメイク”で人気を博しバラエティ番組にもひっぱりだこだった。はじめは2011年頃からマスクメイクした姿がAKB48の板野友美(2013年卒業)にそっくりだと話題になり、本名は小澤かおりということに加え、ものまねメイクを見て周囲がざわざわすることから板野の愛称“ともちん”をリスペクトして“ざわちん”とつけたという。

『ダウンタウンDX』に出演したのは2014年5月のことである。松本によると、当時はざわちんがいつもマスクをしていたので共演者たちが「マスクをとれよ」といじったところ「全然とれますよ」と応じたそうだ。松本はざわちんがマスクを外した瞬間を「全員静かになった」と回想して笑いを誘いながら、「何て言うていいか分からなかったし…かわいい人ですよ」とフォローを忘れなかった。

ざわちんは当時のブログで「マスクを外すシーンが予想以上に盛り上がって嬉しかったです。笑」と共演者のリアクションを喜んでおり、同年7月にもブログで「松本人志さん風ものまねメイク写真」を公開している。ざわちん的には「70点の出来」というが、当の松本からは「だいぶ近いなあ」「大したもんやなあ」と褒められたそうだ。このたび『ワイドナショー』オンエア後には「嬉しいですね イジって下さってw 松本さんありがとうございます」とコメントしていた。

松本人志は“顔パンツ”の話題を巡り、マスクを外した時の反応の一例としてざわちんのエピソードを持ち出したのかもしれない。ちなみにワイドナティーンの白本は「女子としては変にイメージされてしまうのならば、マスクを外してこちらから見せてしまいたい」と吐露していた。

画像2~4枚目は『ざわちん 2021年11月24日付Instagram「このお写真好評だったので。」、2021年12月8日付Instagram「最近ハーフアップにハマってる」』『ざわちん 2014年7月27日付オフィシャルブログ「松本人志さん風ものまねメイク写真公開」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ