Appare!、全国ツアーファイナル公演終了&来年3月末に2ndアルバム発売決定!朝比奈れいから独占コメントも到着

E-TALENTBANK


10月9日の新宿BLAZE公演を皮切りに、大阪、宮城、福岡、愛知で全国ツアー『天まで届け!竹の子収穫ツアー』を開催したAppare!。そのツアーファイナル公演が12月12日、豊洲PITで行われた。

開演前からファンの熱気が会場を包み込む中、勇壮な「overture ~竹の子収穫ツアーver~」をバックに7人が登場。ドライブの効いたイントロが心地よい「スカイラインファンファーレ!」で幕を開け、メンバーは宙を浮くように軽快なステップでステージを躍動しながら、流れるようなマイクリレーを繰り広げる。

ラップさながらのスピーディーな歌と、キュートなコーラスでSF的な空間を作り出す「えいりあんず・えいりあんず」。スキップするようなビートに乗せて力強い歌声を響かせる「キミだけのワンダーランド」。不穏なコーラスで焦燥感を煽りながら暴走気味の恋を描き出す「アイネクライネ幼き恋だね」。スカのビートが心地よい疾走感のあるサウンドに乗せてステージ中を駆け回る「虹をかけろ!」と、前半からファンを挑発するかのようにアップテンポのナンバーで畳みかけるAppare!。2ヶ月に渡るツアーで磨き上げたパフォーマンスを存分に見せつける。

自己紹介を挟んでの「パヤパヤ」では、歌詞に寄り添ったダンスでマイクを持つメンバーを華やかに盛り立て、「Girls Be Funky」では弾けるようなファンキーなサウンドに身を委ねながらディスコのように煌びやかな空間を作り上げる。寒い冬を吹き飛ばすようにお祭り騒ぎの「ギミギミダーリン」でこれでもかとテンションを高め、「ホットラブウィンター」では多彩な表情を見せながら熱いパフォーマンスでロマンティックに冬の恋心を盛り立てる。

気持ちの良いフレーズを何度も連呼する「パレリラパレリラ」で、ファンは7人を鼓舞するように力強い拳を振り上げ、くるくるとカラフルなダンスが愛らしい「カラフルミラクルディスカバリー」では、ファンもメンバーの動きに合わせて体を揺らし、美しい一体感を作り上げる。

後半戦は「原宿サニーデイ」でスタート。ちょっぴり切ないメロディーに合わせて、めまぐるしくフォーメーションを変化させ、緊張感みなぎるギターサウンドで疾走する「天晴レペゼン」では、心の奥底からロック魂を炸裂させる。さらに攻撃的なビートに負けじと挑発的なコーラスとロックミュージシャンのように激しいパフォーマンスが猛々しい「あっぱれ!正攻法」、全身を使って初期衝動を爆発させる「アッパライナ」、格闘家のように切れ味の鋭いアクションで凛々しく迫る「決勝戦はエブリデイ」と、ファンに休む暇を与えないとばかりに、アッパーチューンを立て続けに繰り出し、シンクロ率の高いダンスでチームワークの良さを見せつける「ファイヤースター」で、多幸感に満ちたクライマックスを彩った。

一旦ステージを去ったAppare!は、ファンの奏でる猛々しいアンコールに促されて、カジュアルな装いに着替えて再登場。新曲の「フレ!フレ!ヒーロー」を初披露して、躍動感に満ちたサウンドとパフォーマンスで聴く者を爽やかに励ます。狂騒的なサウンドが刺激的な「アッパレルヤ!」でファンと盛り上がった後に、来年3月末に2ndアルバムの発売が決定したことを発表。さらに日本テレビ系『夜バゲット』の1月度エンディング曲に「スカイラインファンファーレ」が選ばれたことを告げ、「約束の続き」でAppare!の明るい未来を照らし出すように希望に満ちたメッセージをポジティブに歌い上げ、ラストは再び「スカイラインファンファーレ!」をパフォーマンス、サビで派手な銀テープがばらまかれて華やかな空間でエンディングを迎えた。

【朝比奈れいコメント】


こんにちは、私たちAppare!です。この度『天まで届け!竹の子収穫ツアー』を無事完走することができました!私たち7人とずっと応援してくれている“竹の子”のみんな、そして、このツアーで収穫されてくれた“竹の子”のみんなと一緒に、最高の景色を見ることができました。私たちだけの力ではなく、“竹の子”のみんなやスタッフさんの協力もあってツアーを成功させられたことを本当に感謝です。そして、嬉しいお知らせも、たくさん発表することができました!『天まで届け!竹の子収穫ツアー』は最後まで走り切りましたがこれから先もまだまだどんどん“竹の子”を収穫して、天まで届くよう全力で走り抜けていきたいと思います。これからもAppare!の応援をよろしくお願いいたします!※“竹の子”はAppare!のファンの総称です

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ