アニメ『ルパン三世 PART6』新エンディング 大野雄二が手がけ藤原さくらが歌う「BITTER RAIN」に決定

SPICE


現在放送中、2022年1月からは第2クールに突入するアニメ『ルパン三世 PART6』。本作の新エンディングテーマに藤原さくらの「BITTER RAIN」が決定した。

『ルパン三世』アニメ化50周年を記念して放送されている本作。作曲をつとめるのは40年以上も長きにわたりルパンサウンドを支え続ける大野雄二。本楽曲に対して二人からのメッセージも届いている。

【Comment by 大野雄二】

この曲は、本当にあっという間に出来ちゃった。一寸、歌謡曲っぽさを入れてさくらちゃん(藤原さくら)に唄ってもらったらどんな感じになるかなーと思ってね。したっけ(急に北海道ナマリか)これが大当たり。ピッタンコカンカンでしたとさ。ビターなレインが気持ち良い、ゴキゲンなエンドテーマになったとさ。(っておとぎ話かー!!)

【Comment by 藤原さくら】

今回、『ルパン三世』という自分が幼い頃から見ていた大好きな作品で名曲の数々を生み出されてきた大野さんの曲を歌唱でき、とても夢のような幸せな時間でした。「BITTER RAIN」は、苦く切ないけれど、シャンと背筋を伸ばして自分の足で立っていこうと、強く在ろうとする大人な雰囲気の香る歌。悲しいことがあっても、街のネオンに照らされ光る雨に紛れながら涙を隠して、歌をうたって明日を生きていたいです。

更なる盛り上がりを見せる本作、新エンディングのお披露目も楽しみだ。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ