「こいつならいっか」彼女のことを舐めている男の態度3選って?

ハウコレ



どうもあかりです。基本的にカップルは対等な関係であるべきですが、なかには「彼氏が彼女のことを舐め切っている」みたいな上下関係が存在するカップルもあります。

ということで今回は、彼氏に完全に舐められてしまっている彼女の特徴をご紹介していきますので、ご自身が大丈夫かどうかをチェックしてみてください。

■「ごめん」を言ってもらえない
彼氏が何か良くないことをしてあなたが傷ついたり凹んだりしているときに、彼氏はきちんと「ごめんね」と言ってくれていますか?

もしもそこでヘラヘラとするだけだったり、「まあ、しょうがないじゃん」とよく意味の分からないごまかし方をしてくるのだとすれば、彼氏はあなたのことを舐めている可能性が高いです。

恋愛に限らず、《自分の悪いところを認めない》というのは、相手のことをリスペクトしていない証拠です。

■「私だけガマンしていること」がある
彼氏に舐められていると、いつのまにか自分だけが何か不利益や面倒をガマンさせられているということになりがちです。

例えば、半同棲をしているのに彼氏が家賃や水道光熱費のうち何割かとかすらも負担してくれないとか、自分だけが飲み会に行くのを禁止されてる(彼氏はOK)みたいな《彼女だけダメ》な不平等なルールがあるとか、ですね。

■「イジり」が当たり前
たしかに相手のことをイジるというのは親しみの表現ではあるのですが、それがあまりにも頻繁で日常化してしまっていると、もはや親しみの域を超えて単に馬鹿にされている、見下されているだけです。

何かミスをするたびに「馬鹿じゃねえの」と笑われたり、「太った?」と体型をイジられたり、「お前、頭悪いもんね」と常に馬鹿扱いされたりとかは、典型的な「舐められている」例です。

■おわりに
彼氏自身も、彼女のことを舐めたような振る舞いをしているという自覚がないこともあります。なので「あ、私舐められてるっぽい」と感じたときは、まず彼氏に「ねえ、私のこと見下してない?」みたいにサラッと指摘してあげると、自分の行動を見直してくれる可能性があります。もしも彼氏があなたのことを本当に好きなら、ですが。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ