『突然ですが占ってもいいですか?』のスター占い師による番組発のカレンダーが発売中

スゴ腕占い師がLOCK-ONを連発することで話題のフジテレビの番組『突然ですが占ってもいいですか?』。当番組からはこれまで2冊、番組のムック本が発売され、累計23万部超のヒットとなっています。

今度は、『突然ですが占ってもいいですか?』より、番組発のカレンダーが発売中。それでは、『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー 2022』の中身について、早速チェックしてみましょう!

『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー 2022』って?

各月のカレンダービジュアルは、番組でもおなじみの星ひとみさん、木下レオンさん、シウマさん、ぷりあでぃす玲奈さんのスター占い師4人がおすすめする「運気が上がるスポット」となっています。さらに、担当月の「運がよくなるスポット」や、「運がよくなる過ごし方」などのアドバイスも掲載。このカレンダーがあれば、2022年をラッキーに過ごせるでしょう。

また、素敵なアートワークを担当したのはアートディレクター・森本千絵(goen°)さんです。

4人の占い師による2022年前半の開運アドバイスとは?

次に、カレンダーの中から2022年前半の「運がよくなるスポット」と「運をよくするための行動」を一部抜粋して紹介します。

トップバッター、1月担当・星ひとみさんは富士山を推薦。
「私の占術である天星術では、2022年は富士山の気を受ける年。富士山の見えるところで両手を広げ、光をあびて深呼吸を。富士山の見える場所へ行くのが難しいときは、富士山の写真の前で、目をつむり深呼吸してみましょう」

星さんによると、行けない状況のときには無理をしないのも開運には大切なポイントだそう。そのようなときはカレンダーに掲載された写真を活用してみてはいかがでしょうか。

2月担当・木下レオンさんは伊勢神宮のお参りを推薦。
「節分と立春を境に、その年が入れ替わると考えます。2月は新しいことを始めるのに最適な月。また、1月に初詣に行っていたとしても、立春のタイミングで伊勢神宮にお参りすると大大吉です」とのこと。

3月担当・シウマさんがおすすめするのは、温泉!
「2022年は五黄土星の年なので、私の鑑定法「琉球風水」では年間を通してマグマのエネルギーを強く受けると解釈します。年間を通して、マグマ=温泉が運気の上がるスポットになります。なかでも3月は一白水星の影響を受けるので、特に「水」のスポットと相性がいいです」とのこと。
 

また、4月担当・ぷりあでぃす玲奈さんによると、「2022年は地盤や土台を固める年。スタートのための準備の年で、なかでも4月は歴史や伝統に触れるといい運気の月です」とのこと。歴史ある神社参拝が開運にはおすすめです。

カレンダー面には一粒万倍日、天赦日、大安、新月、満月など、2022年の「運がいい日」が一目でわかるようになっており、運がいい日に、運がよくなるスポットに行くと最高に開運できそうですね。

【書誌情報】
タイトル:『突然ですが占ってもいいですか? PRESENTS とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー 2022』
発売:2021年11月27日
定価:
(通常版):1210円(本体1100円+税)
(限定版):1430円(本体1300円+税)
判型:A4判
発売元:株式会社 扶桑社

【購入リンク】
フジテレビe!ショップ
(通常版)
https://eshop.fujitv.co.jp/fs/fujitv/28333
(限定版)
https://eshop.fujitv.co.jp/fs/fujitv/28334

Amazon.co.jp
(通常版)
https://www.amazon.co.jp/dp/4594617743
(限定版)
https://www.amazon.co.jp/dp/459461809X

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/16907685

『突然ですが占ってもいいですか?』番組公式サイト
https://www.fujitv.co.jp/uranattemoiidesuka/

本記事では、『突然ですが占ってもいいですか?』より発売中の『とにかく「運がいい日」がわかるカレンダー 2022』について紹介しました。開運に関する情報が満載で、デザインも素敵なカレンダーが、あなたの2022年を素敵に彩ってくれるでしょう。気になる方は、ぜひ購入リンクよりお求めください。

企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000825.000026633.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ