【LINE MUSIC年間ランキング2021】1位はBTS「Butter」優里「ドライフラワー」3冠獲得

めるも編集部

LINE MUSIC 株式会社が運営する音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」において、2021年に最も人気だった楽曲・アーティストをランキング形式で発表する「LINE MUSIC 年間ランキング2021」及び「トレンドアワード」が決定しました。

そこで、今から2021年トレンド総まとめとなる、気になるランキングについて早速チェック!

再生ランキング1位はBTS「Butter」

 

今年最も再生された楽曲1位は、BTS「Butter」。同曲は着うた®ランキング、BGMランキングでも2位を獲得しています。1位を獲得した理由としては、楽曲を“聴く”だけではなく、LINEのプロフィールBGMやカラオケなど幅広くユーザーに支持されたためです。

さらに、再生ランキングTOP10には「Dynamite」、LINE MUSICにおいて日本独占でパフォーマンスが先行公開となった「Permission to Dance」も8位にランクイン。10代から大人まで、男女問わず幅広いユーザーに支持され、世界中のランキングやアワードを席巻しているBTSの活動に来年も目が離せません。

全体のランキングでは、2位YOASOBI「怪物」、3位優里「ドライフラワー」、4位Awesome City Club「勿忘」などの今年を表す人気の楽曲がランクイン。どの曲も月間ランキングTOP10に複数回ランクインを果たすなど、年間を通したロングヒット曲として根強い人気を誇っているのが特徴です。

TOP100はこちらからご確認いただくことができます。
プレイリスト:https://lin.ee/qnjjCH7/lnms

BTSからのコメント

2021年を通じて、このような素晴らしい賞をいただき、とても光栄です。たくさんの皆さまに僕たちの音楽を聴いていただけたことが本当に嬉しいですし、聴いた方に癒しやポジティブなエネルギーをお届けできていることを願っています。
これからもいい音楽をお聴かせできるよう努力します。
いつも僕たちに多くの愛と応援をくださるARMYの皆さん、本当にありがとうございます!

“トレンドアワード”に15組が選出

”トレンドアワード”は今年から新設されました。LINE MUSIC独自のランキングにより、今年ランキングが上昇した、もしくは話題を集めた注目のアーティスト15組を選出しています。

年間を通して親しまれたヒット曲とは?
映画『花束みたいな 恋をした』のインスパイアソングとして、注目を集めたAwesome City Club「勿忘」。2020年からロングヒットを記録し、今年CMソングとしても起用されたVaundy「napori」が今年の月間ランキングでもロングヒットとしてTOP10に連続してランクインしました。

SNS発の大バズリ
10代を中心にTikTokやYouTubeで大ブームを巻き起こした、Wurts「わかってないよ」、たかやん「勝たんしか症候群」、Chinozo「グッバイ宣言」、P丸様。「シル・ヴ・プレジデント」、夜のひと笑い「ミライチズ」、鈴木鈴木「海のリビング」が選ばれました。癖になるメロディや、若者の気持ちをストレートに歌ったキャッチーな楽曲が特徴です。

HIPHOPブーム再び!
SNSでのブームをはじめ、今年はHIPHOP界も大盛り上がりでした。「ブルマとランチとか行きたいね」と特徴的な歌詞で注目を集めたBLOOM VASE「Bluma to lunch」や、キャッチーなフレーズで話題となったLEX「なんでも言っちゃって ( feat. JP THE WAVY )」が選出。さらに、JP THE WAVY「WAVEBODY (feat. OZworld & LEX)」などが選ばれ、今年のHIPHOP界を牽引したアーティストが選ばれました。

切ない恋愛ソングがロングヒット
失恋やうまくいかない恋愛の切なさを描いた和ぬかの「寄り酔い」、あたらよの「10月無口な君を忘れる」の2曲は今年を代表する恋愛の共感ソングとして、月間ランキングでもロングヒット。

新時代のボーイズグループ
今年11月3日に同時にそれぞれデビューしたボーイズグループINI「Rocketeer」とBE:FIRSTの「Shining One」「Gifted.」が再生ランキングのTOP100にランクインする結果となりました。どちらもK-POPを含め、新時代のボーイズグループとして、オーディション企画から大きな注目を集めムーブメントなっています。

最も聴かれたアーティストTOP10

最も聴かれたアーティストの1位は再生ランキングTOP10にも複数ランクインしたBTSが輝きました。

2位のYOASOBIは昨年のヒット曲「夜に駆ける」が今年もTOP10にランクインしているほか、カラオケランキングにもランクインしている「怪物」ほか、多くの楽曲が幅広い世代に再生されています。

3位には平井 大がランクイン。代表曲「Stand by me, Stand by you.」を含め「題名のない今日」「Buddy」など5曲が再生ランキングのTOP100にランクインしたことでも人気が表れる結果に。

4位には上半期ランキングで1位にも輝き、年間ランキングでもカラオケランキング、着うた(C)ランキング、BGMランキングの3冠で1位となった優里がランクイン。ヒット曲「ドライフラワー」や、10代の若者を中心に「シャッター」「夏音」など多くの楽曲が再生されています。

5位にはback numberがランクイン。「水平線」「怪盗」などの今年のヒット曲はもとより、冬の定番ソングとして「クリスマスソング」、代表曲の「高嶺の花子さん」などもロングヒットしています。

そのほかには、TOP10には幅広い世代から人気の高いOfficial髭男dism、TWICE、Vaundy、あいみょん、Adoがランクインしました。

着うた(C)/BGM/カラオケランキングTOP10

着うた(C)/BGM/カラオケランキングTOP10は下記の結果になっています。

【ランキング・アワードについて】
・「楽曲ランキング」:再生回数を含むLINE MUSICの独自のロジックにて算出(ダウンロード限定楽曲は除く)
・「アーティストランキング」:最も再生されたアーティストを表すLINE MUSICオリジナルのランキング
・「BGMランキング」:最も「LINE」のプロフィールBGM、トークBGMに楽曲を設定された楽曲を表すLINE MUSICオリジナルのランキング
・「着うた®ランキング」:「LINE」の無料通話がかかってきた際に鳴る着信音および電話をかけた相手に聞こえる呼出音に設定された楽曲を表すランキング
・「カラオケランキング」:最もカラオケ機能を使って再生された楽曲を表すLINE MUSICオリジナルのランキング
・「トレンドアワード」:LINE MUSICの独自のロジックで算出した年間ランキングを元に、2021年に入って楽曲やランキングが上昇したなど話題を集めた注目のアーティスト

LINE MUSIC公式サイト:https://music.line.me/about/

本記事では、「LINE MUSIC 年間ランキング2021」及び「トレンドアワード」について紹介しました。2021年最も聴かれた楽曲ランキング1位は、圧倒的人気を誇るBTSという結果に。また”トレンドアワード”には今後大注目の15組が選出されています。あなたの好きなアーティストがランクインしているか、ぜひチェックしてみてください。

企業プレスリリース詳細
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000003487.000001594.html
PRTIMESトップへ
https://prtimes.jp/

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ