内田雄馬×斉藤壮馬「お互いに頼りになる存在」と語る『オリエント』対談

『マギ』の大高忍による最新作『オリエント』が今冬アニメ化! 今作は、人々が鬼による支配を受け入れ、「武士」だけが戦い続ける動乱の時代を舞台に、「最強の武士団」結成を誓って鬼退治に挑む武蔵と小次郎の戦い・成長を描いていく。武蔵役の内田雄馬さんと小次郎役の斉藤壮馬さんに、作品やキャラクターの魅力などを語っていただきました。

──原作や台本をご覧になった時の印象をお聞かせください。

内田 初めて原作を読んだのはオーディションの時だったんですけど、戦国バトルアクションという世界観と躍動感のある内容で、非常に楽しく少年に戻ったような気持ちで読ませていただきました。かっこいいですよね。

斉藤 僕も同じくオーディションの時に初めて原作を拝読したんですけど、壮大なスケール感と冒険物語にワクワクして一気に読ませていただきました。キャラクター造形やストーリーに大高先生のオンリーワンな感性が注がれていて、そこは特に好きな部分ですね。いい意味で予想をどんどん裏切られるような展開が続いていくのが、とても魅力的だなと感じています。

──お二人が演じられている武蔵と小次郎の印象はいかがですか?

内田 武蔵は、最初は熱血でバシバシ人を引っ張っていくようなタイプのキャラクターなのかなと思っていたんです。でもオーディション後に改めてコミックを読み進めていったところ、気持ちだけで衝動的に動くのではなく、頭の中で一旦自分のことを制御するところがある人なんだなというのが分かってきまして。
周囲の空気を読んで自分の本当の気持ちが言えなかったり、周りの人を差し置いて「俺だ!」って言ったりできないところに、抑圧された世界で生きてきた処世術みたいものが感じられて、すごくリアリティがあるキャラクターだなと感じました。なので、武蔵を演じる時は、僕自身も俯瞰した視点で彼のことを見るようにしています。気持ちだけで突っ走り過ぎちゃうと本当にシンプルな熱血な人になってしまうので、みんなとどうやって接していくのかとか、小次郎との会話の中での葛藤とかはちゃんと気づけるようにしようと思っています。

斉藤 小次郎は、武蔵のことをすごいと思っていて「自分はそうはなれない」という感覚があるのかなと思っています。最初はクールでニヒルな感じかなと思っていたんですが、話数が進んでいくにつれて意外な一面が垣間見えたり、生活能力が妙に高い一方で戦いの場においては武蔵に対する引け目や葛藤を抱えていたりと、かなり等身大な人間味のあるキャラクターだなと感じるようになりました。
そんなところが彼の個性でもあるというか、そうであるがゆえにより細かなところに気が付いたり、つぐみが加入して3人で旅をするようになった時にみんなをまとめていく立場になっていったりするんです。

▲武蔵(左)と小次郎(右)。

──武蔵と小次郎以外で注目のキャラクターはいますか?

内田 いろんなタイプの武士がいるんですけれど、アフレコ現場で人気なのは羽多野渉さん演じる小雨田(英雄)ですね。キャラクター性が強いし色んな意味で危険な男なんですけど(笑)、人の心を揺さぶって動かすみたいな、そういうキャラクターが登場するのはけっこうパンチがありましたし、ここまで振り切った描かれ方をしたのには驚きました。

斉藤 僕は犬飼四郎が気になりますね。自分たち以外のキャスティングについて雄馬くんといろいろと予想していたんですけど、犬飼四郎は読めないというか……どんな方が演じるのか、どんな声なのか、どんな芝居の方向性になるのかというのがなかなか難しいのではないかと思っていたんです。
でも収録で下野(紘)さんのお芝居を聞いた時に、一気にキャラクターが具現化されたような感じがして。得体のしれないトリックスター的な部分が物語にどう色を添えていくのかというのは個人的にも気になりますし、皆さんにとってもすごく気になる存在になっていくんじゃないかなって思います。

(C)大高忍・講談社/「オリエント」製作委員会

──アフレコ時のエピソードや印象的な出来事がありましたらお聞かせください。

内田 最初の3話ぐらいまでは、ずっと壮馬くんと二人で録っていたのですが、おかげで『オリエント』っぽい空気感が出来上がったんじゃないかなと感じています。後でつぐみも入ってきて3人での収録が増えてくことになるんですけれど、非常にチーム感が強い現場だなと思います。

斉藤 バトルやシリアスなシーンもたくさんあるので、収録自体はほどよく緊張感のある収録なんですが、休憩中なんかはほのぼのとした雰囲気もあって。雄馬くんがよくお菓子を探しているんです。

内田 結構お腹が空く時間帯なんだよね……(笑)。

斉藤 ほんとそうだよね(笑)。やっぱり戦うシーンの収録をしていたりすると、カロリーも消費するんです。あとは雄馬くんが最近お菓子作りにハマッていて、最近作ったお菓子の写真をみんなで見たり「次はこれを作ってみよう」と盛り上がったりしていました。コミカルなパートの時の武蔵、小次郎、つぐみたちの会話のような雰囲気だったんじゃないかなと思います。

──内田さんと斉藤さんが武士団を組むとしたら、お互いの「ここを頼りにしている」というところを教えてください。

内田 頼りにしまくっていますよ(笑)。今回も本当に、小次郎が壮馬くんでよかったなって。

斉藤 こちらこそです。

内田 僕と壮馬くんはベーシックな部分が似ているところがあって、僕としては非常にシンパシーを感じていたりします。僕に足りないものも持っているので、一緒にいると安心感がありますよね。

斉藤 突き抜けた勢いのある武蔵に雄馬くんが決まった時、すごく腑に落ちた気がしたんです。その場に内田雄馬という人がいてくれるだけでなんとかなりそうな感じがするというか……笑って「大丈夫だよ」と言ってくれる器の大きさをいつも感じているので。どっしりと構えてくれる雄馬くんがいてくれたら、もしも僕が細かい部分しか見えなかったとしても安心だなって。雄馬くんのそういうところが僕はすごく好きだし、尊敬しているところでもあります。

──もしお二人が武士になるとしたらどんな武士になりたいですか?

内田 戦国時代の赤い兜を被って赤兎馬に乗って関羽的な? 僕は槍より刀がいいので、そういう武士かな。

斉藤 そうだな、最近武士がご飯を作る漫画とか小説をよく読んでいて、江戸時代とかの居酒屋に行ってみたいなと思っていたので、料理侍になりたいですね(笑)。

内田 料理侍(笑)。それ小次郎でスピンオフ描けるよ。

斉藤 小次郎は釣り侍だし(笑)。

内田 いけるんじゃない。

斉藤 大高先生にお願いしてみよう。

──最後に放送開始を楽しみにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

内田 少年漫画らしい王道あり、この世界に生きる人たちの人間ドラマありと、見どころがたくさんある作品ですので、アニメで華やかに動き回る武蔵たちにぜひ注目してください。よろしくお願いします。

斉藤 原作のシリアスな部分もユーモラスな部分も、アニメでさらに魅力的にお届けできるよう、我々役者陣も毎話心を込めて収録に臨んでおります。僕自身も原作を拝読して、すごく面白くて一気にファンになってしまいました。完成版を観るのを皆さんと同じくらい楽しみにしておりますので、ぜひ放送が始まりましたら、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

>>>『オリエント』の画像を全て見る(写真8点)

(C)大高忍・講談社/「オリエント」製作委員会

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ