【マツコ&有吉 かりそめ天国】久保田アナに「平成の3Mって誰のことだかわかる?」

テレビ朝日系バラエティー『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週金曜20時~)の3日放送回で「平成っぽいと言えば」について、マツコ・デラックスと有吉弘行が語りました。その中で出たワードが「3M」。平成の3Mと言えば、宮沢りえ、牧瀬里穂、観月ありさ3人の頭文字「M」から作られた言葉です。

平成を代表すると美少女3人について語るマツコと有吉ですが、一緒にMCをしている久保田直子アナウンサーがわかりません。「三浦理恵子さん?」、「南野陽子さん?」となかなか答えが出ない展開に自分たちの知識とのギャップに驚く2人。

久保田アナ「Mと言ったら南野陽子さん?!」

当初、平成の3Mとマツコと有吉が話しても久保田アナはピンときません。そこで2人からMが名字の頭文字だと聞いて「三浦理恵子さん?」と答える久保田アナ。しかし三浦は3Mではありません。

そのため「確かにそうだけど3Mの足元にも及ばない。『CoCo』(ココ 三浦の所属したアイドルグループ)だから!」と毒を吐く有吉を「『CoCoだから』は、やめなさい(苦笑)」とマツコが叱ります。そして、ようやく1人目の宮沢りえにたどりつく久保田アナでしたが、その後が出てこないため有吉が2人目は牧瀬里穂だと明かします。さらに最後の1人を当てようとするもなかなか思いつかない久保田アナに、最初の文字が「み」だと言うヒントが出ます。
すると出てきた言葉は「南野陽子さん?!」。

それを聞いて思わず「違うだろう、南野さんは昭和だろ!」とツッコむマツコ。仕方なく「スゴいスタイル」、「テレビドラマによく出ている」、「伝説の少女」とマツコが立て続けにヒントを出します。ようやく「観月ありささん」と気付く久保田アナでした。

そこで3Mとは宮沢りえ、牧瀬里穂、観月ありさたちの頭文字を取ってつけられた名称だと解説されたのでした。そのやりとりに視聴者もネットで、3Mは懐かしい、3Mは私も知らなかった、年齢的に久保田アナは知っているはずでは?と盛り上がりを見せていました。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ