映画『セックス・アンド・ザ・シティ』とりあえず大人女性なら見るべし

Oh!My!ムービー

『Sex and the City』は2008年に公開されたアメリカ映画です。同名の大人気テレビドラマの映画版で、最終話から4年後のストーリー。

 

ついに結婚?!

ニューヨークを舞台に4人の女性を描いています。コラムニストのキャリー(サラ・ジェシカ・パーカー)弁護士のミランダ(シンシア・ニクソン)家族が大好きなシャーロット(クリスティン・デイヴィス)会社経営のサマンサ(キム・キャトラル)。キャリーは、10年来の恋人ビッグとの交際が順調で、2人で一緒に住む家を探していました。

34件目にしてようやく心が踊る好みの物件が見つかります。1つだけ残念ポイントが収納が狭いところ。しかし、ビッグがリフォームするという提案にキャリーは大喜び。同棲は決まったものの、年齢もありビッグとの関係が不安になるキャリー。2人は話し合い、ついに結婚することを決めます。キャリーは40代女性の特集記事で、様々なブランドのウエディングドレスを着て撮影することに。いよいよウエディング当日…。

愛するとは?

4人のオシャレでキラキラした世界観が大好きです。キャリーが沢山のウエディングドレスを着こなすシーンは、まさに女子の憧れでワクワクが止まりませんでした。親友の存在はとっても大きくて、喜びも悲しみも全て分かち合ってくれる様子に感動しました。自分のことの様に考えて行動してくれる人がいるって幸せですね。こんな風に素敵に年齢を重ねていきたいなと思う人は多いはず!テレビドラマは観ていませんが、問題なく楽しむことができました。「愛する」とは何かを深く考えることができる作品で、人生に起こる色々な問題を4人が解決していく姿は同性としてとても勉強になります。

女子の憧れが沢山詰まった映画です。

【公開】
2008年
【キャスト・スタッフ】
監督:マイケル・パトリック・キング
脚本:マイケル・パトリック・キング
出演:サラ・ジェシカ・パーカー
   キム・キャトラル  
   クリスティン・デイヴィス
   シンシア・ニクソン

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ