それアウト!「太って見えやすい」冬のNGニットワンピは…

OTONA SALONE



冬に着たいニットワンピース。今年もおしゃれなデザインのニットワンピースがたくさん登場していますね。

しかし、ニットワンピースのなかには体のラインがモロバレしてしまう危険なアイテムも存在します。

そこで今回は、体型が崩れて見えやすいNGな冬のニットワンピースの特徴をご紹介します。

お尻が大きめの人「マーメイドニットワンピ」は近寄らないで!




今人気のマーメイドライン。ヒップラインはタイト、裾がフレアになっているとても女性らしいワンピースです。

ただし、落とし穴も。通常のマーメイドワンピースなら気になりませんが、ニットワンピースは服地に厚みが出るぶん、お尻や太ももまわりが余計に大きく見えがちなのです。さらに服の素材にハリ感がないためお尻のラインも思いっきりバレてしまいます……。

可愛いくて上品なデザインだからこそ、着た時のボディラインのシルエットが美しくないと実年齢に関係なく老け見えするので気をつけて。

プチプラファッションでこうしたニットワンピースを購入するのはとりわけおすすめしません。というのも、この手のニットワンピースは着用時のシルエットの美しさが重要だからです。

パターニング・縫製の段階で相応のこだわりをもって製品化されてないとすぐに生地がヨレる、着る人の体型をあらわにしやすい作りになります。プチプラ価格の服ではシルエットの美しさも素材の上質さもなかなか実現しにくいですね。

もしマーメイドラインのニットワンピースを着たい場合は、セールでも良いのでできるだけセレクトショップで購入しましょう。さらに面倒ではありますが、補正下着を着用してボディラインを整えておくと良さそうです。

よほど細身の人以外は難しい…「Iラインニットワンピ」




ボディラインを拾うニットワンピースがNGだというのは多くの方が理解しているかもしれません。しかし、ボディラインを隠しすぎるニットワンピースも逆に太って見えるというのをご存知でしょうか?

今、幅広い世代の女性に定番で人気なのが、Iラインシルエットのニットワンピース。Iラインシルエットは、アルファベットの「I」のような直線的なシルエットのことをさします。

ニットワンピースはウエストを絞ると、どうしてもバストとお尻まわりが余分に強調されるのでIラインシルエットのほうがスッキリとして見えやすい傾向にあります。これは確かに間違いないのですが、そのぶんくびれが出ないので寸胴に見えるというデメリットがあります。

寸胴な印象が太って見えるという現象を引き起こします。寸胴に見えるポイントは微妙な丈感。とくに膝下丈はどんな靴との組み合わせ方も難しく、コーデ全体にメリハリを出しづらいです。

であれば、ニットワンピースはマキシ丈にしてアウターとの重ね着でメリハリを作るほうが失敗しにくいですよ。

おすすめのニットワンピースは「Aライン」「レイヤード」


今回は失敗しやすいニットワンピースをご紹介しましたが、逆に選ぶと良いおすすめのワンピースもあります。それが「Aラインのニットワンピース」 と「レイヤード風ニットワンピース」です。

Aラインは裾に向かってフレアになるシルエットなので、下半身全体を自然とカバーアップします。レイヤード風ニットワンピースは、着ただけで重ね着して見えるのでコーデが単調になるのを防いでくれますよ。ぜひ新たにニットワンピースの購入を検討されている方はチェックしてみてくださいね。

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ