感動の歌声を披露!ディズニー・ミュージカル最新作『ミラベルと魔法だらけの家』公開記念舞台あいさつ

ディズニー・ミュージカル最新作『ミラベルと魔法だらけの家』の公開記念舞台あいさつが行われ、日本版声優を務めた斎藤瑠希、ゆめっち(3時のヒロイン)、平野綾、中尾ミエ、そして日本版エンドソングを務めたナオト・インティライミが登場!それぞれが熱を込めた楽曲を生歌唱するという、超スペシャルなイベントが開催されました!

まず登場したのは、主人公ミラベルの姉・イサベラ役を務めた平野綾さん。花を咲かせる魔法のギフトを授かったイサベラは、一見完璧に見えるも、実は心の奥底に葛藤を抱えているという役です。そのイサベラが心を開放していく心情を歌たった楽曲[本当のわたし]を平野さんが生歌唱しました。これには会場も早くも興奮の渦に!

平野さんは同楽曲について、「イサベラはどこをとっても完璧な姉。でも自分自身でも完璧に演じなきゃと思っているところもあったりとかして、自分自身の持っている本当の気持ちであったりとか、実はこういうことしたいんだっていう思いを少しずつこの曲の中で見つけていく。今までの自分を否定するわけじゃなく、今までの自分も大好きだし、本当の自分をもっと好きになれる、勇気をもらえるような歌になっていると思います」と強いメッセージ性のある曲なのだと語ってくれました!

続いての登場は、ミラベルのもう1人の姉・ルイーサ役を務めたゆめっちさん。力(パワー)の魔法のギフトを授り、周囲から常に頼られる存在のルイーサだが、その彼女もまた“魔法のギフト”があることが悩みの種にもなっていて…。その彼女の心情を歌った楽曲[増していくプレッシャー]を、ゆめっちさんが力強くも繊細に熱唱しました!

そして新ヒロイン・ミラベル役を務めた斎藤瑠希さんと、ミラベルの祖母であり、マドリガル家の女家長・アルマおばあちゃん役を務めた中尾ミエさんが登場! マドリガル家に生まれた中で唯一“魔法のギフト”をプレゼントされなかったミラベルと、“魔法”にあふれる家族の伝統を引き継ぎ守ろうとするアルマおばあちゃん――もともと仲が良かったものの、ミラベルが5歳になり魔法のギフトが与えられなかったことから、少し距離が空いてしまったこの2人の関係性が本作の重要な鍵を握っています。

▼「ミラベルと魔法だらけの家」♪吹替クリップ♪「ふしぎなマドリガル家」

そんな2人を演じた斎藤と中尾が、ミラベルが大好きな家族とその”魔法のギフト”を軽快なリズムで紹介する一曲[ふしぎなマドリガル家]を仲良くデュエット。圧巻の歌声を会場いっぱいに響き渡らせました。斎藤さんは、この曲を「家族のユニークなギフトだったり、どんな家族がいるのかを紹介する明るくてポップな曲」と説明し、「凄く楽しかったです」と歌の感想をコメント。中尾さんは「彼女(斎藤)のパートは難しそうで、よく歌えたなって。どこで息しているのかわからないくらいですよね。さすがディズニーだなって。音楽的にも高度」と、難しい楽曲を歌い上げた斎藤さんをマドリガル家の家長らしく力強いコメントで称賛しました!

また、本作の注目ポイントについて問われた4人は、「ミラベルだけじゃなくて他のキャラクターにも共感できますし、本編の中でクスッと笑えるところにも注目してほしいです」(斎藤)、「クスッと笑ってもらえるところもあるんですけど歌を歌うシーンで、毎回泣いちゃうんですよ。全員のキャラクターの中を自分と重ねてしまって泣いちゃうっていうシーンがいっぱいある。ハンカチを持っていった方がいいです」(ゆめっち)、「ディズニー・ミュージカルって言うだけあって、本当に待ってましたっていうミュージカルがこの作品の中にいっぱい詰まっていて、私個人的には、特に[秘密のブルーノ]が大好きです」(平野)、「この映画は大人が共感できる作品なので、ぜひ大人に観てほしいですね」(中尾)と、共感できるキャラクター・ストーリーがどの世代にも刺さるとコメント。

▼「ミラベルと魔法だらけの家」♬「秘密のブルーノ」MV

そしてここで、スペシャルゲストとして、本作の日本版エンドソング[マリーポーサ ~羽ばたく未来へ~]を担当したナオト・インティライミさんが登壇! 本編を鑑賞して「コロナ渦における人と人との距離が無理やり離されてしまう状況の中で、あらためて人と共生していくことの大切さを
感じる作品でした」と感銘を受けたと話しました!

その彼が今回、自身が敬愛するコロンビアの人気アーティストのセバスチャン・ヤトラがオリジナル版を担当した一曲の日本版の歌唱、日本語詞を担当しました。

▼「ミラベルと魔法だらけの家」♬♪【日本版エンドソング「マリーポーサ~羽ばたく未来へ~」Performed by ナオト・インティライミ】

ナオトさんは並々ならぬ熱を込めた日本版エンドソング[マリーポーサ ~羽ばたく未来へ~]をしっとりと歌唱! 大切な人への愛に満ちたこの珠玉のバラードに、斎藤さんは「本当に優しい歌声と、語るような歌い方、本当にあったかくてじんわりした気持ちになりました。製作の経緯をお聞きしたので、さらにジーンと来てしまいました」と心に響いたご様子。希望あふれる歌詞が切なくも心にしみるエンドソングにも注目です!

▼「ミラベルと魔法だらけの家」♬「奇跡を夢みて」MV60秒

(C) 2021 Disney. All Rights Reserved.
11月26日(金)公開
(執筆/takashi.tokita_tokyo)

WRITER

  • takashi.tokita_tokyo
  •        

  • 「映画生活(現ぴあ映画生活)」初代編集長を経てフリーに。映画とディズニー(主にパーク関連)をメインによく取材しているが、パリとクルーズが未体験なことはナイショです。また、ディズニー好きが集まって、あることないことを語り尽くす無害なポッドキャスト「田組fm」が、SpotifyやApple Podcastなどで配信中。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ